キャトル・リーフは、病院や特別支援学校・高齢者福祉施設などでミュージカルを上演しているNPO法人です。

キャトルのホームページ キャトルのブログ quatreleafをフォローしましょう
0

    こんにちは。
    キャトルともすっかり長ーいお付き合いになりました。さえです。

    キャトル・リーフのメンバーになったのは大学生のときですが、
    実をいうと、私とキャトルの最初の出会いは、
    さらに数年前にさかのぼります。

    まだ私は高校生で、当時、大病を患っていた祖母を見舞いに東京医療センターに来ていました。
    そして、病院の廊下で、あるポスターをみつけたのです。

    病院内のホールで上演されるミュージカル「夢から醒めた夢」のお知らせでした。

    ミュージカルだいすきで、
    もちろん「夢醒め」もだいすきで、
    高校のクラブ活動でもミュージカルをやっていた私は、
    当然のごとく、そのポスターにくぎづけに。

    「病院でミュージカル…?!
    夢みたいな組み合わせ。聞いたことない!」

    「お医者さんも出演するってすごいなぁ!」

    わくわくした気持ちになりました。

    残念ながら、公演をみにいくことはできませんでしたが、
    強烈な印象が残りました。
    (祖母は無事退院し、元気に暮らしております♪)

    そして、数年後…。

    ミュージカルとはすっかり無縁の学生生活を送っていましたが、
    なにか物足りなさを感じ、

    だいすきなミュージカルにまた挑戦したい!

    という情熱が再燃。
    インターネットを検索でキャトル・リーフをみつけ、キャストとして参加することになったのです。

    参加してからようやく気づきました。
    数年前にポスターを見たときの公演は、
    記念すべきキャトルリーフの第一回公演だったのです!
    (キャトルリーフのホームページの公演履歴の一番下に記録があります!)

    あのときポスターを見た病院で、
    自分がキャトルリーフの一員になって舞台に立つことになるとは…
    不思議な縁を感じます。


    東京医療センター公演は、今年も例年通り3月に行われる予定です。

    ブログをご覧の皆さま、キャトルの原点ともいえる東京医療センター公演。
    ぜひ、見にいらしてくださいね!
    (残念ながら、私は出演しませんが…)

    *******************
    さえ キャトル6期生。
    測定器メーカーで ソフトウェア開発の仕事をしています。
    *******************

       


    0

      私の勤務する東京女子医科大学八千代医療センターでは、年に2回健康フェスタを開催しています。
      毎年冬に行われるウインターフェスタは、病院医師による健康講座と、私達キャトル・リーフによるミュージカルが恒例となっており、毎年ミュージカルを楽しみにしてくださっている市民の方もいらっしゃいます。
      今年でなんと9回目です!
      今年は、2月26日(日)に行われます。
      セミナー1「腎臓(じんぞう)を知ろう。」
      セミナー2「近いは困るが、役に立つ。〜頻尿のお話〜」
      セミナー3「もし、わたしが肺がんになったら」
      セミナーは先生方のやる気を感じる演題ばかりです。
      聞いてみたいのですが、私達はその間リハーサルとメイク準備で大忙しなのです。
      セミナーが終わると、20分ほどでセミナー会場をミュージカル会場に早変わりさせなくてはなりません。
      短時間の勝負。ばっちりメイクしたキャストがマジ顔で舞台周りを作る様子はなかなかすごいものがありますが、お見せすることはできません。
      さて、今年は「パベルと魔法の土笛」9年ぶりの再演です!
      再演と言っても、新作に取り組む気持ちで頑張っています。
      あと少し!いい舞台をお見せできるよう、メンバー一同お稽古に励みます。


      *******************
      キャトル6期生 びっきー
      今回は悪魔役、キャトルには珍しい最後まで悪役です。
      最近、いい人役が多かったので、溜まった毒を出し切ります(笑)

      *******************

        


      0

        2017年2月12日、つくば国際会議場で開かれた第26回日本禁煙推進医師歯科医師連盟学術総会の市民公開講座において「正太と願い石」を上演。
        医療関係者をはじめとしたご来場者にキャトルの舞台を楽しんでいただきました。
        会場となったホールは普段演劇を行う舞台ではありませんが、前夜に仕込みをさせていただき、当日は講演の合間を縫ってのごく短い時間で、講演会場を舞台に一変させました。
        演台の位置を常に照らしているスポットライトも演出の一つとして活用し、「正太」の世界を展開。
        メンバー全員が集中して舞台をつとめました。
        学校を建てようと奮闘する正太の姿に、「いつの時代も、やはり大切なのは教育ですね」というご感想もいただきました。
        これで「正太と願い石」はしばらくお休み。今月末からは「パベルと魔法の土笛」の再演がはじまります。
        キャトル・リーフは、「笑顔と笑顔の架け橋になりたい」の理念のもと、お客様も、活動するメンバーも笑顔になれるよう、常により良い方向を目指して変わり続けています。
        どうぞ引き続き応援よろしくお願いいたします。

         


        0

          2017年2月11日、千葉県八千代市の有料老人ホーム、ラヴィーレ勝田台にて「正太と願い石」を上演しました。
          キャトル・リーフ理事長の中村が医師として訪問診療に出向いている施設です。
          天邪鬼役で出演した中村でしたが、役になり切っての熱演に、普段の姿しかご存知ないご入居者さまは、全く気がつかなかったよう。
          終演後にご挨拶すると、とてもびっくりされていました。
          「正太と願い石」の上演は久しぶり。中には新しい役を演じるメンバーも。メンバー全員、新鮮な気持ちで演じることができました。
          ご入居さまはみなさん終始、熱心にご覧くださり、握手でお見送りくださいました。
          「一生忘れません」「また来てね」と嬉しいお言葉も頂戴し、寒い季節でしたが、心温まる公演となりました。

           


          0

            3期生優美子です。毎日寒いですねーー
            「パベルと魔法の土笛」の公演まで残すところ数回のお稽古となりました。
            パベルの作品は2008年に生まれ、私の記憶が確かなら、
            年間を通して1番公演数が多かった作品(違ったらごめんなさい笑)で、
            当時私も自由人真っ盛り、すべての公演に出演し、
            作品について夜な夜な熱く語ったり、時には悔し涙を流したりと、
            まさに青春そのものでした。
            そんな思い出がたっぷり詰まった作品が、
            このたび台本や衣装やダンスもリニューアルし
            「新・パベルと魔法の土笛」として誕生するわけです。

            キャトルではひとつの作品をだいたい1年間通して公演していきます。
            その1年を4つに区切り、その1番最初のタームを「一葉」と呼んでいます。
            一葉はその作品の初演ということで、制作チームとキャストで未完成の作品を
            作りながらお稽古を進めていく制作タームなのです。
            二葉以降は出来上がった作品を繰り返すのでお稽古も比較的スムーズなのですが・・・

            一葉ってやつは、ほんと、毎度毎度、ギリギリのところで、
            「マジっすか?」っていう大きな変更が起こるのです。

            私は今回はキャストではなく、ダンスと小道具の制作としての参加なのですが、
            「キャストのみなさん、ごめんなさいーーー」って感じなのです。

            たとえばダンス。せっかくみんなに振りを覚えてもらったのに、
            「やっぱりここの振りは変更します!」は毎度のこと、
            「やっぱりここの部分はカットします!!」とバッサリもしばしば。

            でも!!仕方ないのです!!!!
            すべてはいい作品にするためなのです!!!
            実際やってみたら「何か違う」ということが多々あり、
            それを良くするためには、バッサリのカットも毎度の変更も仕方がないのです!!

            ・・・今回ももれなくバッサリカットありました。
            でもキャトルのメンバーはみんないい人なので、
            「せっかく覚えたのに・・・」とか文句言わずに、変更やカットを受け入れてくれます。
            でもきっと、少しはガーーンと思ってるよね・・・・ごめんなさい。

            でも。
            公演に来てくださるお客様に、感動や元気を与えらるような、
            ボランティアなのにプロのようだ、という最高の褒め言葉をいただけるような、
            そんないい作品にしたい、その一心なのです。
            それをキャストのみんなもわかってくれているから、嫌な顔せずに
            変更を受け入れてくれるのでしょうね。

            残り数回のお稽古ですが、最後まで諦めず、
            ギリギリまで粘り、一丸となって「いい作品」をお見せできるよう頑張りましょう!!


            *******************
            優美子:3期生
            ただいま育児奮闘中。子連れでお稽古もしばしば。
            でも誰よりもキャトルのことを想っています。
            平日なのにキャトルスイッチ入りました。今週末はビシバシいきます笑
            ********************


            0

              キャトル・リーフでは、
              一緒に公演を作り上げる「メンバー」と
              私達の公演を応援してくださる「サポーター」を募集しています。
              詳しくはこちらをご覧ください。

              メンバー募集
              http://quatre.info/rec_member.html

              サポーター募集
              http://quatre.info/rec_supporter.html

              各種お問い合わせはこちらまで。
              https://206-weblike-smk.ssl-chicappa.jp/quatre/inquiry.html

              皆様のご参加をお待ちしております!


              0

                「パベルと魔法の土笛」再演作ですが、演出やダンスを大幅に変えています。
                いよいよお稽古が佳境に入ってきました!



                0

                  「パベルと魔法の土笛」タチアナ姫の剣、小道具チームの力作をご覧ください!
                  100円ショップのおもちゃの刀が見事に生まれ変わりました!


                  0

                    キャトル・リーフでは、毎年メンバーの交流のためにクリスマス会を実施しています。今年でなんと10年目になりました。メンバーが一堂に会すタイミングとしては、4月の総会に続く大きな規模のイベントで、今年も30名以上のメンバーが集結しました。

                    立派な大人たちの全力投球ー。
                    前回のブログを担当したクリパ初参加のハリーの名言。


                    まさに、このクリスマス会のためだけに、衣装とかつらを購入し、メイク用品をそろえ(もちろんいつもの本番で使用する舞台メイク、三義のフェイスケーキ)、ある人は4月から、ある人は夜遅くまで、映像素材、音楽素材を持ち込み、練習を重ねて出し物をする、というイベントです。

                    クリスマス会、交流・・と言いましたが、いえいえ、延々みなさんの余興を見まくるという至福の時間は、驚きの連続でもあります。

                    え!すごい、フラダンス10年もやっていたの?!?!?
                    わーーアイドルの写真集みたいな映像の数々!
                    うわー、ウクレレ、習い始めたの!??!!すごいー。
                    きゃーー、本格的〜!!!
                    えーー?!?!踊っちゃうの?
                    うっわぁー、うまいな、こりゃ。

                    みたいな感じです。(あーー、この感動や驚きを直接お伝えできないのが残念です・・)


                    さらにはこの日のために、着々と準備をしてくれた幹事のみなさんとお手伝いのメンバーたちの力がまた素晴らしいのです。
                    風船を200個近くふくらませて、手の皮がむけてしまってもにこにこしながら写真をとるWちゃん。おもちゃをかったから、といって芸術的な座席札をつくってくれたCさん。涼しい顔して当日のみんなのむちゃぶりの音響、映像のオーダーのオペレーションをするFたん。どんな状況になってもうまくまとめて司会進行するNちゃん、Yちゃん、Aちゃん。
                    そのほかにもたくさんのみなさんが、労を惜しまず、メンバーの笑顔のためにご準備をしてくれました。


                    みんなの力が集まると、本当に本当にすごいんです。
                    素晴らしい仲間のパワーに感謝、感謝です。

                    当日、来られなかったメンバーも楽しめるように、と毎年映像をメンバー限定で
                    公開していますが、その中からちょこっとご紹介!




                    今年も1年本当にありがとうございました。
                    キャトルを通じて出会った全ての皆様が、来年も素晴らしい1年でありますよう
                    心から祈っています。
                    どうぞよいお年をお迎えください!

                    ***************************
                    まどか@理事長
                    キャトルをはじめて16年目になります。
                    高校生から70代のかたまで参加しているキャトル、本当に
                    社会の縮図というか、とても刺激になることばかりです。
                    ちょっとこの1年は、参加が思うようにならないのですが
                    また再来年度からはがっつりやりたいと思っています。
                    ***************************


                    0

                      今回のブログ担当は46期のハリーです。ブログ初投稿ですが、よろしくお願いします。
                       
                      キャトルとの出逢いからちょうど1年が経ちました。僕が初めてキャトルの見学に行ったのは、2015年12月の淀橋幼稚園でのお稽古です。新宿駅から少し歩き、やっと見えた淀橋幼稚園はすでに閉園していて子供の姿はなく、入るのにちょっと躊躇したことを覚えています。(笑)
                       
                      僕がキャトルのことを知ったのは、ACTiVOというボランティア募集サイトからでした。当時の自分は、事故に遭ってすっかり自信を失ってしまったので、新しいことを始めようと思い、自分にできることを探していました。大学生らしいボランティアで、しかも自分は医学生だから医療系で、かつ休日しか外出できないから活動が土日のもので、、、ということで必然的にできるものがキャトルにしぼられていきました。
                       
                      今までミュージカルなどの演劇をあまりやったことはなかったので、始める決断するのにはとても勇気が必要でした。今しかない!と思いきってキャトルに参加してみると、メンバーの皆様は温かく迎え入れてくれました。お稽古や本番で、情けない自分を支えてくれる皆様の優しさに安心感を覚えるとともに、ちゃんと自分も期待に応えたい!と強く願っています。メンバーの皆様、いつもありがとうございます!
                       
                      今回のパベル一葉では、女王様のお供であるサーシャと炎の悪魔のボリスを演じさせていただく予定です。演技に歌にダンス、もっともっと頑張るぞ!!

                      *****************************
                      46期ハリー
                      防衛医大の3年生です。
                      キャトルネームの由来はハリーポッターが好きだからではなく、
                      本名が張間雅文だからですよ〜。よろしくお願いします。
                      *****************************