自衛隊についての小話

  • 2019.06.21 Friday
  • 07:33

こんにちは!ハリーです。

 

キャトルに入ったときはまだ2年生だったのに月日が流れる時間は早いもので、

こんな僕もとうとう6年生になってしまいました。

来る医師国家試験のため勉強机に向かい、医学知識の濁流に飲まれる毎日を過ごしております。

疲れた顔のままお稽古や本番に参加しちゃっていたら申し訳ありません!(笑)

 

一年に一回のブログ当番ということで何を書くか悩んでいたのですが、今回は僕の卒後である

自衛隊についての小話を書こうと思います。もちろん機密事項に触れない範囲で!

 

皆さんご存じかと思いますが、自衛隊という組織は陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊と

大きく3つに分けられています。 陸上自衛隊はもっとも自衛隊らしいというか、

国民が「自衛隊」といったら陸上自衛隊のことを指すくらい大きな組織です。

3つの自衛隊の中で最も人口規模が大きく、緑色の制服(最近制服が変更されました)や

緑色迷彩の戦闘服を着ているため、テレビなどで見覚えがあると思います。

海上自衛隊はその名の通り海の上の自衛隊。艦艇を持ち、海に囲まれたこの日本を守ります!

自衛隊の歌姫として有名な三宅由佳莉さんも海上自衛隊の所属です。

夏服は白、冬服は黒の制服ですが、制服は3つの自衛隊の中で一番格好いいです

(と僕は思います!)

航空自衛隊は空飛ぶ自衛隊。航空機を持ち、他国からの侵入に対してスクランブル発進。

最速で対応します!ブルーインパルスという航空機のアクロバット飛行が格好いいです!

紺色の制服を着ています。

 

これらは同じ自衛隊といっても特徴や組織風土は三者三様で、

それらを表す四字熟語があります。 陸上自衛隊は「用意周到 動脈硬化」、海上自衛隊は

「伝統墨守 唯我独尊」、航空自衛隊は「勇猛果敢 支離滅裂」です。

陸上自衛隊は最も母数の大きい組織であるため、多くの人を動かし運用するために細かな規則を

ガチガチに定めて遵守している傾向があります。

頑固で柔軟性に欠けるといってもいいかもしれません。 海上自衛隊は旧海軍のよき伝統を

継承しているという自負があるためか、自分達のこだわりが強い傾向にあります。

海上では一つの船の中で生活するため、とても団結力が強いです。

航空自衛隊は一分を争う敵の侵入に対して即断即決で対応する柔軟性のある組織です。

判断がその都度変わる可能性があるため、一貫性に欠けるともいえるかもしれません。

ちょうど今、卒後の要員決めをしていてこの3つの自衛隊について勉強することがあったので

紹介してみました。

 

世の中には色々な人がいて、色々な組織のあり方があって、人それぞれ活躍する場所が

あるのだと思います。 このNPO法人キャトルリーフという組織も20年間続き、社会貢献という

活躍をしているということは誇るべきことだと思います。 キャトルの文化や良いところを

伝統として引き継ぎつつ、これからもキャトルが永く続いていけるように自分なりの方法で

貢献できたらいいなぁと思います。 卒後は自衛隊医官として忙しくなりあまり参加できなく

なると思いますが、細く長くキャトルを続けていきますのでこれからもよろしくお願いいたします!

 

*******************************

ハリー:46期 防衛医大6年生

「健全な精神は健全な肉体に宿る。」を

モットーに受験を乗り切りたいです。 もっと痩せなきゃ・・・。

*******************************

新しい時代へ

  • 2019.05.07 Tuesday
  • 23:13

皆さん、こんにちは。

初めてブログを担当させていただきます。 れなです!

 

さて5月になり、新しい元号の令和がスタートしました。 GWはいかがお過ごしでしたか?

私は令和になってまず達成したい目標が2つあります。

 

1つ目はキャトルでの本公演キャストデビュー。

私がキャトルと出会ったのは昨年の7月でした。小学校の卒業アルバムの時から将来の夢が

看護師なのでその夢に近づくべく、医療ボランティアを探していたら…素敵な出会いが!!

私も「笑顔と笑顔の架け橋になりたい」と思い、入ることを決めました。

自分の意思でやりたいと言い、行動したのは初めてでした。

 

3月にスタッフ参加をして、照明・映像・音響・フロアなど様々な仕事によって

公演はなりたっているのだとスタッフワークの大切さを学びました。

また本番の緊張感ある雰囲気、そしてお客様の嬉しそうな笑顔を見ることができました。

4月には新人公演を経験し、役をいただいて舞台に立って初めてわかることが沢山ありました。

ダンスやセリフ、立ち位置、目線や細かな仕草など大変なことが沢山ありましたが、

ミュージカルって楽しい!と改めて思いました。 まだまだキャトル1年生。

未熟者ですが、素晴らしい先輩方の背中を見ながら、受験生になる前にキャストデビュー

できるように頑張りたいなと思っています。

 

2つ目は学校での勉強です。

苦手な理系に進んでしまったので令和元年ではリケジョになれるように頑張りたいと思います。

新しい時代、新たな想いを胸に スタートを切りました。 今後ともよろしくお願いいたします!

 

*******************

れな 57期生 ちっちゃい高校2年生です。

ドクターXの続編を待ち望みながら

週3の7時間授業、耐えてます(笑)

*******************

メディカルホームKuKuRuさまの公演ご報告

  • 2019.05.01 Wednesday
  • 17:21

2019年3月24日、千葉県八千代市の向日葵クリニック併設メディカルホームKuKuRuにて「きみのいのち ぼくの時間」を上演いたしました。2018年度の締めくくりとなる公演です。2018年度の幕開けとなる2018年5月には「きみのいのち ぼくの時間」の初演をこの会場で迎えました。その際には、この物語がお客様に受け入れてもらえるだろうかという不安が払拭できませんでしたが、お客様の温かい拍手をいただいたことで、一年間公演を続けていく自信がつきました。それ以来、15を超える会場で公演を行ってきました。
今回は理事長の中村が院長を、堤が施設長を務める会場です。お客様に喜んでいただくために、中村が物語の狂言回しであるツバメの役を、施設長の堤がミツバチたちを統べる女王蜂を、医師として勤務する地曵がハエを演じました。そして、キャトルでキャストおよび制作スタッフとして活躍するメンバーであり、クリニックの医療事務スタッフでもある2人が、主役のカエルくんとハチ子さんを演じました。普段はユニフォーム姿で受付業務をてきぱきとこなしている二人ですが、しっかりと役作りに取り組み、お客様にカエルとハチ子の心のつながりをお伝えすることができたと思います。
この「きみのいのち ぼくの時間」は、2019年度、またそれ以降も、継続して上演してまいります。どうぞ応援よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケアハウス主の園さまの公演ご報告

  • 2019.05.01 Wednesday
  • 17:13

2019年3月23日、埼玉県川越市のケアハウス主の園にて、「きみのいのち ぼくの時間」を上演しました。たくさんのご入居者様、そのご家族、近隣の方々がご来場され、椅子の置き場がないほどに会場がいっぱいになりました。
終演後には、目の不自由なご入居者がキャストひとりひとりの手を握りながら、「見えなくてもわかるよ、とてもよかったよ」とおっしゃってくださいました。こうして交流の時間をじっくりと持つことができるのが、プロとは違う、わたしたちの活動の強みだと思っています。 のちほど、関係者の方からご感想をいただきました。
「特に人生の秋(晩秋?)を迎えておられる方々にとって、今回のテーマは共感できるところが多かったようです。
 涙を浮かべて、「ほんとに良かった。主人がいなくてさみしかったけど、私も最後までしっかり生きなきゃね。」と言う人。「こんないい劇をただで見れるなんて、もったいないねえ、ありがと、ありがと。」という人もいれば、「こんどはいつ来てくれるの?」と聞く人。それぞれの思いの中に、作品と出演者によるメッセージが届いているようでした。深みのある、味わい深い公演だったと思います。」
本当にうれしいお言葉です。また是非お伺いできる日を楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京医療センターさまの公演ご報告

  • 2019.05.01 Wednesday
  • 17:07

2019年3月9日と10日の両日、目黒区の東京医療センターにおいて「きみのいのち ぼくの時間」を上演いたしました。東京医療センターはキャトル・リーフの活動をはじめるきっかけとなった会場であり、2000年以来、ほぼ毎年上演させていただいています。なんと今年で18回目の公演。今年も、病院スタッフの方がボランティアで患者様の搬送にあたってくださいました。
今回の「きみのいのち ぼくの時間」ではメンバーが描いた絵を背景映像として使っているのですが、この会場では特に背景映像が美しく映え、物語を彩ってくれました。終演後に寄せられたアンケートを拝見すると、老若男女、さまざまな立場の方々が温かいご感想を寄せてくださっていることがわかり、本当に励みになりました。

アンケートはこちら(再掲)
http://quatre.info/history/detail.cgi?k=20190309

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京医療センターにて公演!

  • 2019.03.18 Monday
  • 00:45

こんにちは、るーです。

 

久しぶりのブログ担当となりました。 宜しくお願いします!

3月9日、10日の二日間、東京医療センターにて公演させて頂きました。

 

毎年のようにさせて頂いているこの公演で、私は他の公演にはない好きな時間があります。

それは、1回目公演と2回目公演の間にアンケートをキャスト・スタッフ皆で読む時間です。

 

ここでは毎回、お客さんが書いて下さる直筆での感想アンケートを、読むことが出来ます。

手に取るアンケートごとに筆跡や文章の雰囲気が異なるため、 言葉でかけて頂くのとは

また違うそれぞれの方の想いや背景などを感じ取れるような味わい深い時間です。

 

私は思い出しただけでにやついてしまうほど、この時間が大好きなのです!

アンケートの内容を読んでかみしめるのも嬉しいですし、 メンバーとその同じ時間を

共有していると思うととても心温まります。

 

また、この時間を過ごした後のメンバーのエネルギーが凄まじい...。

吸収したお客さんの言葉をエネルギーに変えているからか、 2回目の公演も頑張るぞ!絶対!!

という気迫の炎がメラメラと見えるような特別な状態になります。

 

このようなエネルギーの爆発にも私は密かに感動して、 誇らしいような気持ちになっています。

来年は1回目に加えて、2回目も是非みて頂けたらと思います。

きっと二段階のエネルギー爆発を目にすることが出来ます!

 

それと、個人的に直筆のお手紙で何かを伝えることは、 やはり言葉でかけるのと違う形で

心に届いていいなと思ったので、 お世話になっている方々に実践したいと思いました。

それでは、最後まで読んで下さりありがとうございました!

 

******************

るー 44期生 グミが大好きです

4月から社会人 地道に頑張りたいです

******************

東京女子医科大学病院八千代医療センターさまの公演ご報告

  • 2019.02.26 Tuesday
  • 17:36

2019年2月24日、千葉県八千代市の東京女子医科大学病院八千代医療センターウィンターフェスタにて、「きみのいのち ぼくの時間」を上演しました。
キャトル・リーフはウィンターフェスタのプログラムの一環として、毎年公演をさせていただいています。今年は12回目となりました。入院患者様、外来の患者様を含む地域の皆様がたくさん来場してくださる公演です。
八千代医療センターにはメンバーの地曵が乳腺・内分泌外科診療科長として勤務しており、また、医療センターの近くでクリニックを開院している理事長の中村も女性科外来の医師として勤務しています。
毎年、センタースタッフの方々がご協力くださり、タイトなスケジュールの中でもごくスムーズに準備を進めることができました。
客席にはお子様の姿も多く、みなさん最後まで楽しんで観てくださったようでした。テンポよく進む冒頭部分では、新しいキャラクターが登場するたびに客席から笑い声が起こりました。物語が佳境に入ると、一転、涙を拭いながら見てくださる方もいらっしゃいました。
終演後、「役者はプロなの?」とスタッフに話しかけてくださったお客様が。とても光栄なお言葉です。キャストもスタッフも全員本業の傍ら活動をしているのだとお伝えすると、とても感心してくださいました。
わたしたちはもちろんプロではありませんし、けして器用な団体でもないですが、お客様が安心して物語の世界に浸ることができるクオリティを目指して努力しています。そしてわたしたち自身も仲間と切磋琢磨することを楽しんでいます。
来年の八千代ウィンターフェスタで、またみなさんに良い舞台をお届けできるよう、活動を続けて参ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれだけ混じりっけなくミュージカルを届けられるか

  • 2019.02.23 Saturday
  • 11:52

エマです。
明日はある病院でキャトルの公演があるので、メンバー間のメール連絡も細やかになり、大詰めの雰囲気が伝わってきます。
自分がはじめて公演の舞台に立った時のことをふと思い返します。 どれだけ混じりっけなくミュージカルを届けられるかー私はキャトルの先輩方から、そんな熱量を感じていました。

演技未経験の私は、目線から爪先の向きまで、どうすればいいか分からず立っているところからのスタートでした。
しかし舞台上では、演者の意識が届いていない部分が、逆にお客様の気を引いてしまうきっかけになりかねません。だから、お稽古で色々な先輩方が、演者の所作を細かく見てアドバイスをくださいます。必ずお稽古の動画が記録・配信され、復習できるようになっています。
メイクもそう。舞台ならではのメイクを知らずに臨んだらその不自然さに目が行ってしまいます。だから、動画によるレクチャーや、先輩からの直接の手直しなど、メイクのクオリティアップにも熱が入っていました。私も、お陰様で堂々と極濃のつけ睫毛デビューができたと思っています。

明日の公演でも、観に来てくださる皆さまに、ミュージカルの感動が混じりっけなく伝わる1時間になりますように!

**********
エマ
ミュージカル内の曲もキャトルオリジナルですが、
とくにテーマソングは耳に残ってヘビロテされますね
**********

キャトニュを作っています!

  • 2019.02.15 Friday
  • 09:47

 ケリーと申します。

 ここ数年何かと忙しくて舞台には立っておりませんが、キャトル・ニュース、略してキャトニュの編集部に属していて発行に関わっています。
 サポーター、協力者、メンバーの皆さまに半年に1回、活動内容やメンバー紹介を載せた記事をお届けしています。
 写真やイラストを選んだり、メンバーの意外な一面を知る事が出来たりと楽しい反面、編集の専門知識がないので悩む事も多いです。もっと楽しく!、もっと有益に!と思いながらも、何よりセンスが全てなのも辛いところ。

 それでも、キャトルをまだ知らない誰かとつながったり、メンバーを増やすきっかけになるかもしれない夢が詰まったものだと思っています。

 皆さま、キャトニュを楽しみにしていてください。そしてよろしかったら感想を頂けるとうれしいです。

*******************************
ケリー:31期生くらいだったような。
食べる事が大好きで、
休日は行きたい食べ物屋さんをひたすらはしごするだけの計画を立て勝ちです。
*******************************

パイオニア株式会社さま主催の「身体で聴こう音楽会」の公演ご報告

  • 2019.02.03 Sunday
  • 17:31

2019年1月26日、川崎市麻生市民会館にて、パイオニア株式会社主催の「身体で聴こう音楽会」に出演し、「きみのいのち ぼくの時間」を上演しました。
「身体で聴こう音楽会」は、パイオニア株式会社が開発した体感音響システムを使い、聴覚に障害のある方に音楽を楽しんでいただくための活動。
キャトル・リーフは、2004年以来、ほぼ毎年出演させていただいています。今回も川崎市との共催ということで、市の就労体験の方々が設営作業に協力してくださいました。
パイオニア公演では毎回、聴覚障害のある方もお話を楽しめるようにと、字幕の投影を行います。なるべくセリフを忠実に伝えたいのですが、文字数を多くして長く表示しておくのが良いのか、少なくしてシーンに合わせて切り替えるほうがわかりやすいのか、シーンのテンポや台詞の種類によっても異なるため、毎回苦心のしどころです。
今回は安定感のあるメンバーでの公演。一部、キャスト交代がありましたが、全員が協力しあい、集中して公演に臨むことができました。
また、第2部では恒例となっているテーマソングを歌うコーナーを開催。「いのちのかがやき」を会場の皆様と合唱しました。会場の皆さまの笑顔がとても嬉しい時間となりました。

パイオニア株式会社様のホームページ掲載の、身体で聴こう音楽会開催レポートはこちらです
https://jpn.pioneer/…/c…/music/karadadekikou/report/2019.php

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM