離れていても・・・

  • 2018.08.10 Friday
  • 23:45

あいみんです。

キャトルに入りたく、青森県から思い切って上京し、
東京で4年間ほど過ごし、事情で今年から宮城県におります。

行ったり来たり、様々な土地で暮らしております。
新たな土地で新たなことを始めたりするのはどちらかと言うと好きなタイプなのですが、

今回ばかりは…さみしい…

私にとって、東京でキャトルにいたときは、特別な時間でした。
未経験の私が「趣味はミュージカルです」と言えるようになり、
自分のいろんな面に気が付くことができました。
舞台以外の面でも、キャトルにいる間を通して、社会人としての自信も持ちました。
大人になってから、 あれだけ夢中で楽しんでがんばることができる経験は貴重だと思い ます。

離れていても、思いを馳せる存在・団体があることは幸せなことだと思います。

また東京に転勤がでないかなー…と期待しながら、キャスト参加の目標は
絶やさずにいたいと思います。

**********
あいみん 42期生
実は、寒いのニガテ。
暑いのはもっとニガテ。
**********

細く長く

  • 2018.07.11 Wednesday
  • 11:22

こんにちは。36期生のおぎです。

平成30年7月豪雨により、
お亡くなりになられました方々のご冥福を心よりお祈りいたしますとともに、
被害を受けられました地域の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

さて、キャトルでは、新作「
きみのいのち ぼくの時間」のお稽古が
暑い中、更に熱く!!開始されていると思います。
が、
私は「桃四郎の鬼退治」の「鬼」役として参加した
7/1(日)成育医療センター公演が終わり、今はキャトルをお休み中です。
私の不甲斐ない体力とスケジュールを考えると暫く参加は難しそう・・残念。

キャトルの公演活動への参加頻度がかなり低い私でも、
かれこれ5年以上続けられているのは、
お稽古動画などのデジタル教材で自主的に復習&練習できる仕組みがあること、
そして何より、
いつ参加してもキャトルの同志として受け入れられる土壌があるからだと思います。
(寂しくてもホームページやSNSを通して応援できますし。)

これからも、細く長く、ですが続けていきたいです。
来年、参加できるかなぁ・・。

*****************
おぎ 36期生
公式ホームページ、リニューアルされています!!
ぜひご覧ください♪
(ほんの少し制作に関わらせていただきました)
*****************

住まい×介護×医療展 2018 in 東京

  • 2018.07.11 Wednesday
  • 10:38

住まい×介護×医療展、1日目、是非公演をしてほしい、というお話を複数頂戴しました。交通費の話をすると、皆さん、安いですね、と驚かれます。「お金は払うからレクリエーション適当にやっておいてねよろしくね」ではなく、ご入居者、患者様の笑顔のために、というお気持ちで一緒に上演に向けて協力してくださる会場に呼んでいただきたいんです、とお伝えすると、皆さま力強く頷かれました。
また、遠方なんだけど、こういう活動いいですよね、ミュージカル好きなんです、とお話してくださる方もいて、とても嬉しいです。
普段ご縁のない方にキャトルのパンフレットをお渡しできるだけでもいい機会だと思っています。今日も10時から17時まで、キャトルメンバーが笑顔でお待ちしています。良い出会いがありますように!

 

住まい×介護×医療展 2018 in 東京

https://www.koureisha-jutaku.com/exhibition-2018/


当たり前の話

  • 2018.07.09 Monday
  • 22:10

この春から社会人となり、3か月走り続けて急ブレーキ!

休養中のこっぺです。

 

正直、体調を崩してしまったのはショックでした。

しかし、ここから何か学べと言われているんではないか!

そう思い、少し真面目に考えてみました。

 

-当たり前って素晴らしい。-

 

当たり前にご飯食べて仕事行って風呂入って寝る。

できているときは何も素晴らしいことだなんて思いませんでした。

 

キャトルのお稽古もそうです。

毎週通っていた昨年はただただ、楽しい。

月一参加できるどうかの今は、参加できていることへの感謝や喜びを深く感じます。

 

当たり前ってなくなってみて

初めてありがたみがわかるんだな、、、。

 

そして、

お医者さん、看護師さん、清掃員さんからの何気ない言葉で勇気付けられてます。

誰かの当たり前の行動が誰かの特別になる!

 

復活したら、今度は私が元気付けられるようになりたいです!

 

*************

こっぺ:50期生

院内コンサートを観て、

キャトルの活動の意味を

改めて感じました!

*************

国立成育医療研究センターさまの公演ご報告

  • 2018.07.06 Friday
  • 00:05

2018年7月1日、世田谷区国立成育医療研究センターにて「桃四郎の鬼退治」を上演しました。
国立成育医療研究センター(以下「成育」)は妊娠出産から子供の成長に伴って発生する疾患の治療と研究を行う医療機関です。成育に入院している子供たちにミュージカルを届けたい、というのはキャトル・リーフ設立当初からの願いでした。メンバーのひとりが成育に勤務しており、彼女の熱意が実った形です。今回はイベントが多く開催されている講堂をお借りし、地域の方々を広くお呼びして、初めての公演が実現しました。梅雨明けの太陽が照りつける暑い日でしたが、二回合わせて134名と本当にたくさんの方がご来場くださったのは嬉しい驚きでした。
「桃四郎の鬼退治」は再演を重ねている作品ですが、毎回小さな演出の変更が加わり、少しずつ進化しています。一ヶ月足らずの短いお稽古期間の中、初めて桃四郎の舞台に立つメンバーもいたため、みんながお互いに教え合い、助け合いながら本番を迎えました。初演当初からの安定感のあるキャストと新しいキャストが力を合わせ、フレッシュな「桃四郎」の世界が展開しました。
終演後にはお気に入りのキャストと記念写真を撮るお子さんたちも。最後まで桃四郎を楽しんでくださったようです。
また、成育に併設される医療型短期入所施設「もみじの家」から、ご利用中のお子さんが看護師さんと共にご来場され、車椅子の上でリズムを取って楽しんでくださいました。
今回、近隣の保育園に宣伝をしたこともあり、4歳前後のお子さんがたくさん来場されましたが、会場はおどろくほど静かでした。アンケートには「子供が集中して観ていました」といった声が多数寄せられ、とても嬉しかったです。一方で、小さな子供は舞台が見えにくいため、床に座って見られる席を設けた方が良い、等のご意見もいただきました。また次回、成育で公演させていただく際に貴重なご意見を活かしていきたいと思っています。
桃四郎の余韻も覚めやらぬ間に、秋の本番に向け、「きみのいのち ぼくの時間」のお稽古が始まります。おかげさまで、たくさんの会場からご依頼をいただいています。病院や施設、知的障がい者の余暇活動など、種類はさまざまですが、観てくださる方に喜んでいただきたい、ミュージカルを通して感動を届けたい、という思いを共有し、協力してくださる会場ばかりです。新しい仲間を加えてはじまるお稽古とそれに続く公演を今からとても楽しみにしています。

 

一生の宝物

  • 2018.06.21 Thursday
  • 22:12

こんにちは!たっちーです。

じめじめした雨の日が続きますね、、、。
私は先週、学校で流行中の溶連菌感染症にかかってしまい、出席停止の一週間を過ごしました、、。
みなさまもお気をつけください。

先日私はバスケ部を引退しました!
ということで部活について振り返ってみようと思います。

私の部活のメンバーには鬼兄のように勇ましいキャプテンや猿吉のように頭脳派なメンバー、犬彦のようにクールなメンバー、桃四郎のように優しいメンバーや鬼々’sのように頼もしくついてきてくれる後輩がいます。
まさに十人十色で楽しいチームメイトですが、ぶつかり合うことも多々ありました。
私は副キャプテンだったため上と下両者からの意見を聞き、チームについて考え、頭を抱えることがたくさんありました。

でもやはり、小学校のミニバスケットから始めて10年間、週6日、暑い夏も励まし合いながら毎日共に練習してきた仲間の絆は強い!
どれだけぶつかってもやはり仲は良くて、誰かが辛い時はみんなが支えてくれる。
そんな素敵なチームでした。

部活を引退し、早一ヶ月…先日久しぶりにバスケ部員と話すと、心にぽっかり開いていた穴が閉じていくような嬉しい気持ちになりました。
仲間と練習をした日々は終わってしまってしまいましたが、どんなときもそばにいてくれた仲間を忘れず、ずっと大切にしたいと思います。
一生懸命練習をした思い出や、バスケでできた大切な友達は自分の一生の宝物になるはずです。

そして、私のもう一つの活動の場であるキャトルも、私にとっても大切な存在です!
素敵な先輩たちに出会え、日々学ぶことが多く、沢山の貴重な体験をさせて頂いています。
でも、私のキャトルでの活動は高校を卒業しても終わりません!たくさんの方を笑顔にできるこの素敵な団体でそのお手伝いを続けていきたいです。

**********************
52期生 たっちー
高校三年生 今は少しお休み中です。
最後の平成の年を楽しむ事もなく 勉強の日々ですが、
頑張ったご褒美に…
と 成育桃のスタッフ参加をうっかり押してしまいました。
**********************

「きみのいのち ぼくの時間」を通して

  • 2018.06.16 Saturday
  • 17:19

創立記念式典の一環として毎年お呼びいただいている兵庫県姫路市にある入江病院で、今年で9回目となるミュージカル公演を行わせていただきました。今年はできたてほやほやの新作「きみのいのち ぼくの時間」を上演しました。病院で「命」という重いテーマを上演することは、私達にとって不安いっぱいでもありました。病院には様々な状況の患者さんが入院しています。命の終わりを気づかされた人にとって、この作品はどのように映るのだろうか。最愛の人と別れを目の前にした人はどのように思うのだろうか。

私は普段は病院で乳腺外科医の仕事をしています。私の患者さんのほとんどが乳がんの患者さんです。乳癌は治療の進歩によりステージIであれば10年生存率90%を超える程の治る可能性のある「がん」になってきました。しかし、再発をしたり残念ながら治ることができない患者さんもいます。職業柄、私は多くの別れの場面に関わってきました。別れはつらいです。でも避けることはできません。どんなにがんばっても、救うことができない命はあり、いつかその時はやってきます。そんなとき、私達には何もできませんが、逝く人、残される人、どちらにも悲しい思いだけで最期を迎えてほしくないと思っています。

この作品を通して、命の終わりは悲しみだけではない。それまでの時間を大切に生きること。逝く人だけでなく、残される人にもあたたかい気持ちになってもらいたいと思っています。
私が好きなカエル君のラストのセリフ「みんなの時間が僕のなかに生き続けるんですよね」
きっと病院でも意味のある上演になると信じて、この作品を育てていきたいと思っています。

*****************
びっきー 6期生
乳腺外科を専門とする外科医です
週に1回、訪問診療をしています
*****************

入江病院さまの公演ご報告

  • 2018.06.08 Friday
  • 18:22

2018年6月2日、兵庫県姫路市の医療法人松藤会入江病院にて「きみのいのち ぼくの時間」を上演いたしました。
入江病院の創立記念式典の一環としてお呼びいただくようになったのは2010年のこと。今年でなんと、9回目の公演となります。初めて訪れた際、改装前の姫路城を観光したのがまるで昨日のことのように思い出されます。入江病院スタッフの皆様が2010年からの公演写真を一年ずつ大判のポスターに仕立ててくださり、会場に掲示してくださいました。9年と一口に言いますが、これだけ続いてきたのだとはっきり形にしてくださったことで、わたしたちも感無量でした。
さて、「きみのいのち ぼくの時間」は先週初演を迎えたばかりの生まれたての作品です。一部キャストを変えての上演でした。入江病院の職員の皆様、入院患者様、近隣の方々、111名とたくさんのお客様がご来場くださいました。
この作品は、「いのち」と「死」という、とても重いテーマを扱っています。初演の際に手ごたえは感じていましたが、入江病院の皆様にどう受け止めていただけるか、終演まで気が抜けませんでした。幸い、ラストに希望のある、あたたかな思いの残る作品だったと大変良いご感想をいただくことができ、ほっと胸を撫でおろしました。
入江病院の記念式典では、記念写真の撮影にキャトル・リーフも入れていただいていますが、毎年お邪魔するごとに病院スタッフの人数が増え、前進していらっしゃる様子が伝わってきます。わたしたちも一年ごとに成長している姿をお見せできるように、これからも精進してまいります。
さて、ここでいったん「きみのいのち ぼくの時間」はお休みとなり、7月1日に成育医療研究センターで「桃四郎の鬼退治」を上演するためのお稽古がはじまります。新しいメンバーも増えてきています。変わるもの、変わらないもの、両方を大切にしながら公演を続けてまいります。

 

 

向日葵クリニック併設メディカルホームKuKuRuさまの公演ご報告

  • 2018.06.06 Wednesday
  • 09:31

【公演報告】2018年5月26日、千葉県八千代市の向日葵クリニック併設メディカルホームKuKuRuにて「きみのいのち ぼくの時間」を上演いたしました。

今回初演を迎えた「きみのいのち ぼくの時間」。この作品はキャトル・リーフオリジナル「いのちのミュージカル」の第一弾となります。「いのち」や「死」について表現することはずっとわたしたちの大きな課題であり、どのような伝え方をするべきか議論を重ねてきました。そして素案の完成から2年以上の歳月をかけて制作を進めてきました。
初演の会場となったのは、キャトル・リーフ理事長の中村明澄が設立、院長を務め、同じく理事長の堤円香が施設長をつとめる施設です。ご入居者様、訪問診療の患者様をはじめ、患者様のご家族もたくさんご来場くださいました。ご家族を亡くされたばかりの方、ご家族が闘病中の方、あるいは現在ご自身が闘病中の方など、あまりにもテーマに近い立場の方々が多く、どう受け取ってくださるか不安もありながらの開演でした。
開始早々、明るく楽しいダンスや歌のシーンでお客様の笑い声を聞くことができてまずは一安心。結婚式のシーンでは客席からも祝福の拍手が送られました。そして後半では、お客様が登場人物の気持ちに寄り添い、セリフひとつひとつを大切に聴いてくださっているのがわかりました。終演後、お客様が「ハエさんのセリフが良かった」「ツバメさんがね」と、役の名前を親しげに口にされるのを聞いて、登場人物がお客様の心の中で生きているのだな、と、とても嬉しく感じました。
音楽、映像、衣装、ダンスなど、最後の最後まで細かな調整を重ねながらの初演でしたが、お客様の温かな視線に支えられて、無事に上演できたことに本当に感謝しています。
今年度もおかげさまでたくさんの公演のご依頼をいただいています。もっともっとたくさんのお客様に「きみのいのち ぼくの時間」のテーマをお伝えできるよう、さらに良い舞台を目指して精進して参ります。

 

まもなく本番!

  • 2018.05.21 Monday
  • 00:06
はじめまして。平均年齢を上げているキャトル歴5ヶ月目のあやぽんです。
既にご紹介済みとは思いますが、只今 キャトルの4年ぶりの新作で、
「小さな生き物達の命の物語」の稽古が進んでいます。
登場するキャラクターはとても愛らしく、キャストである私でも ぎゅっと抱きしめたく
なってしまします。美しい旋律の中で繰り広げられる言霊の世界、心が洗われる
ようです。 アイディア一杯、洗練され心のこもった衣装にも是非注目して 頂きたいです。
これがすべて、完全オリジナルで素人の手で行われているとは、 とても信じがたく、
ダンスチーム、音響、照明、映像、ネットシステム?関係のスタッフに至るまで、
これが本業なのではないかと疑ってしまうほど。スタッフの方々が如何に沢山の時間を
費やして 作り上げているかが、ひしひしと感じられます。
私も沢山の愛の詰まった この命のミュージカルの世界に少しでも近づけるよう日々
精進して参ります。
お客様に 幸せな時間を過ごして頂けますように!
  キャトルはお客様をとても大切にするボランティア団体ですが、メンバーをも幸せに
導いてくれる組織です。メンバー内の親睦や自主練でキャストのクオリティーを上げられる
工夫をどんどん取り入れて進化しています。厳しいながら、笑いの絶えないお稽古は、
メンバーの日々の活力にも なり、成長に繋がっています。 私はキャトルに出会えて、この作品に
参加できて、本当に 幸せです。
読んで下さって有難うございました。あなたも是非、キャトルのメンバーになって下さい。
必ずこの気持ちが実感できると思います。
沖縄では 梅雨入りしたとのこと。不安定な天気が続いています、体調を崩しやすい
時期ですので、くれぐれもご自愛下さい。
****************
あやぽん キャトル歴5ヶ月目
記憶力が衰えても小学生時代に観た
音楽劇のテーマソングはまだ歌えます♡
ミュージカルって素晴らしい!
****************

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM