キャトル・リーフは、病院や特別支援学校・高齢者福祉施設などでミュージカルを上演しているNPO法人です。

キャトルのホームページ キャトルのブログ quatreleafをフォローしましょう
0

    ダンスチームの優美子です。
    キャトルにおいて、ダンスチームというのは制作チームのことで
    作品のダンスシーンの振り付けを担当しています。
    オリジナルミュージカル1作目の「正太と願い石」から始まり、
    すべての作品の制作に携わっています。

    そして昨年12月から、オリジナル10作品目となる新作
    「きみのいのち、ぼくの時間」のスタートアップ稽古が始まりました!

    スタートアップ稽古とは。
    今回初の試みで、公演に向けてのお稽古ではなく、
    まだ完成していない作品をみんなで作り上げるお稽古、つまり制作のためのお稽古です。

    今までは公演にむけてのお稽古の途中で、ああでもないこうでもない試行錯誤を繰り返し、
    台詞やダンスシーンの大幅変更やバッサリカットがあるある。
    みんな必死にせっかく覚えたのに・・・!ごめん・・・!!
    でも、制作側としては、実際にやってみなきゃわからなくて、やってみたらなんか違った・・・
    だから変更やむなし!!という状況が多々ありました。

    公演までの限られたお稽古の中で、それはちょっとむごい、効率的でない、ということで、
    しっかりと台本もダンスも作り上げることを目的としたスタートアップ稽古期間というものを
    試してみることになったのです。

    ちなみにこの新作スタートアップ稽古は毎週ではなく、月に1回の土日を12月から3月まで
    計8回程度。先週4回目のお稽古を終えました。

    ようやく作品中のクライマックスのダンスシーン「嵐」が完成!
    「嵐」はしょこたんが担当。
    しょこたんはまだまだキャトル歴はそれほど古株でないのに、
    入った時から古株の雰囲気漂い、最近ますます頼もしくダンスチームを引っ張ってくれています。

    そんなしょこたんが作る「嵐」。
    いやーーーハードなんですこれが!!激しい!そして構成がとても凝っていて、
    息つく間もなく、踊り終えたときは本当の嵐に翻弄されたかのような有様。
    いや、それは、はい、自分が単にちゃんと覚えきれていないから、ボロボロという意味ですが(笑)

    私、薄々みんなに気づかれていそうなので、ここで告白しますが、
    実は振り付け覚えるのめっちゃ遅くて苦手なんですね、これが!!
    ふだんはダンスチームとしてみんなにダンスを教え、「そこ違う!!」とか厳しく言ってるけど、
    そう、自分自身がすぐに体が覚えて動けるタイプではないんですね、これが。

    でも、私にとってダンスは踊れない悔しさを味わって、いっぱい練習して、
    踊れるようになったときの喜びがたまらない。それでここまでやってきています。
    それに、ダンスを教えるにあたり、できない人の気持ちがわかることも大切かなと思うのです。
    (なんて前向き!)
    嵐、頑張ります!そして2月のお稽古では自分の担当曲も完成させなくては!

    台本も衣装もダンスも、だんだんと形が見えてきて、だんだんと作品ができ上がっていく、
    産みの苦しみもあるけれど、いい作品にしたいその一心で、
    そんな制作期間をみんなと味わっていきたいです。


    新作は5月から6月頃公演予定です。

    みなさま乞うご期待ください!!


    ************************
    優美子 (3期生)
    キャトル歴16年目に突入!?
    16年前、私は自由人真っ盛り、勢いだけで生きていました。
    今では2児のママやってます。が、心の熱さは変わらない!!
    ************************


    0

      キャトルに所属し4年目になります。
      実質4年目の今年は殆ど参加が出来ず、もどかしい思いでした。
      私は看護師のお仕事をしています。キャトルのお稽古に参加して
      いるときは、私生活も忙しくなるはずなのに、お仕事に対する
      モチベーションも高めでキープできるから不思議。

      キャトルに入りたくて、勢いで青森から上京したこと、あの時、
      勇気を出した自分のことは今でも褒めてあげたいと思います(笑)。
      それがなければ、多くのことを手にすることは出来なかったのですから。

      **********************
      あいみん(42期生)
      舞台では人間じゃない役をやることが多いです。
      新作で、また非人間役歴を更新出来るのでは…?
      **********************


      0

        2017年12月10日、埼玉県行田市の行田市教育文化センター「みらい」にて、館内で営業する「福祉の店 きゃんばす」主催のイベントに出演いたしました。
        このイベントは「ありがとうコンサート」と銘打って毎年開催されているもので、今年は第一部に行田市出身のシンガーソングライター、Noeさんのコンサートが催され、第二部に「ほほえみのかけ橋」が上演されました。
        キャトルとしては久々の大きなホールでの公演とあって、キャストはもちろん、スタッフは緊張感のある一日となりました。いつもお願いしている音響と照明の外部スタッフの方々が今回もご尽力くださりとても心強かったです。
        当日朝からの仕込み、リハーサル、そして開場、開演と、予め決められたスケジュールの中で、照明スタッフの方の手で照明が組まれ、演出と照明オペレーターが会場の照明に沿った細かい照明プランを立て、全体の進行とキャトルの公演の進行とを調整します。瞬く間に時間は過ぎ、開演時間を迎えました。
        お客様は車椅子の方や障害のある方も多くいらっしゃり、皆さんのびのびと舞台を楽しんでいらっしゃいました。ホールの大きな舞台を何度も経験している頼もしいメンバーが中心となって舞台を盛り立てます。大きなトラブルもなく、わたしたちのできる精一杯の舞台をお届けすることができました。関係した皆様のお力添えのおかげで、2017年の公演の締めとなる良い舞台を務めることができたことに感謝しています。
        さて、今後のキャトルの予定ですが、2018年1月からメンバーも新たに「ほほえみのかけ橋」のお稽古を開始し、2月末に公演を行います。その後、3月にも公演が予定されています。
        また、来年度は4年ぶりとなる新作の上演が予定されています。新作についての情報は近日公開予定、どうぞご期待ください!

         

        争う山の民と海の民を叱責する王様

         

        ナギとユカリ

         

        「心優しい王様と 豊かな自然に守られて」

         

        「つながりを紡ぎだす」

         

        「ほほえみのちからを信じよう」

         

        お花束を頂戴しました。ありがとうございました!


        0

          こんにちは。るーです。
           
          先日、『ほほえみの架け橋』を無事に上演することが出来ました
          ありがとうございました
          最近の公演での私の個人的目標は、お芝居を上達させるということでした
           
          この目標に向かう上で、気が付いたことを書かせていただきたいと思います
           
          私は普段、大学院の研究室で研究生活をしていますが、研究以外にも研究室運営の 一環としてイベント係というのを担当しています
           
          要は、研究室メンバー同士の親睦を深めるために、定期的に楽しいイベントを企画する係です。一番大きなイベントは夏の合宿でした
           
          この企画が予想以上に大変でして、場所、移動手段、宿などを決めるのにも常に反対意見が出てきてしまい、決定が二転三転していきました
          私は皆の意見を取り入れようと頑張りましたが、結果、無駄に時間を費やしてしまったと思います
           
          私の良くなかったことは、周りの意見を優先させようとしすぎて、自分の意見が無かったことだと思います。自分がこうしたいというのが無い人にリーダーシップは取れないですよね
          人の話を聞きつつ、自分自身がどうしたいのか考えることを怠ってはいけないと思いました
           
          そこで、ちょっと待てよ…
          私、他の場面でもそうなのでは…
          と考えてみると、キャトルのお稽古での私がまさにそうでした

          演出のぷーさんや先輩方からのご指摘をまとめ上げて役作りしようとしていたのではないかと気づきました
          これはまずい、自分で考えて作らなければと思って挑んだ「桃四郎の鬼退治」の鬼A役。
          とても楽しかったですし、周りの方から良くなったねと言われ、嬉しかったです

          これからも考えるという作業に手を抜かず、頑張っていきたいと思います!
          *******************
          るー:44期生
          修士1年生です
          グミが大好きです
          *******************


          0

            2017年12月9日、千葉県市川市の有料老人ホーム、ウエルピア市川にて「ほほえみのかけ橋」を上演しました。
            別の施設でご勤務の際にキャトルの公演を知ったスタッフの方が、ウエルピア市川でも是非公演してほしいとお呼びくださいました。
            今回は秋からお稽古してきた「ほほえみのかけ橋」再演のお披露目公演。メインキャストにはフレッシュなメンバーが揃い、初演時からほほえみを演じてきたベテランが脇を固めます。朝から仕込み、リハーサルとテンポよく進み、程よい緊張感の中、本番に臨むことができました。
            こちらの施設は毎月コンサートなどのイベントが開催されているとのこと。サークル活動もさかんとのことで、誘い合って会場に来られるお元気なご入居者様がたくさんいらっしゃいました。会場となった大食堂はとても広々したスペースでしたが、椅子席も車椅子スペースもたちまちいっぱいになりました。皆さまとても集中して楽しんでくださり、おかげさまで、「ほほえみのかけ橋」公演の素晴らしいスタートが切れました。


             

            山の民

             

            海の民

             

            イサゴとタケル

             

            王様の間者、ユカリ

             

            王様

             

            長い時を経て結ばれた、海の長老と山の頭領

             

            「山の民と海の民 幸せに暮らしましたとさ」

             

            ご入居者様からお花束を頂戴しました


            0

              こんにちは!ハリーです。

               

              114日にキャトル運動会がありました。僕は去年のキャトル運動会には参加していなかったので、

              一体どんなことやるんだろう?と会場に着くまでがドキドキワクワクでした。

              会場に着けばキャトルのメンバーがいて、いつものお稽古みたいな感じがして少し落ち着くことができました。(笑)

               

              山組、海組に分かれての運動会。とてもシチュエーションが燃えました。

              にくい敵を打ち負かせ!僕も山組として、気付いたら全力で競技に取り組んでいました。

               

              新聞紙で兜を作ってそれをかぶりながらの障害物競走。

              「新聞紙かぶと、急いで作るか?丁寧に作るか?」。

              走っているうちに兜が崩れて作り直しになってしまった人がいて、勝負が全然読めませんでした!(笑)

               

              皆で協力して回数を稼ぐ8の字縄跳び。僕は小学生の頃を思い出しながら跳んでいました。

              結構息が上がっちゃいましたね!

               

              ランチタイム後には、チア&応援団による応援がありました。

              僕は応援団として三三七拍子と演舞をお送りしました。チアも応援団も直前の直前まで練習していたので、

              無事に終えることができてとても安心しました!

               

              組体操は本当に即興でした!競技前に説明があっただけなのに、しっかり作り上げられるキャトルの

              連携力はやはりすごいです。撮っていただいた動画で観て、お〜!ってなりました!

               

              ダンシング玉入れは、曲が流れている間はそのダンスを踊り、曲が止まったら玉入れをするというものでした。

              キャトルの曲が流れて、「あ!これ踊れる!」という感覚がとても面白かったです!

               

              着物リレーはキャトルで培われた着物力が問われました。僕はアンカーでしたが見事に着物を着る時点で

              出遅れました。(笑)綺麗に早く着物を着るって難しい。。。

               

              綱引きはとにかく全力でした!山海分かれて力と力の真っ向勝負。怪我がなくてよかったです。

               

              結果としては最後の綱引きで山組が逆転優勝しました。賞状まで用意されていて、

              何事も全力なキャトルはやはり素敵です!

              それから、こんな僕ですがMVPに選ばれてしまいました!僕としては全力で楽しんでいただけだったのですが、

              皆に投票していただいて本当に嬉しかったです。ありがとうございました!

               

              あっという間に終わってしまったキャトル運動会でしたが、とても楽しむことができました!

              実行委員の皆様、お疲れさまでした!本当にありがとうございました!!

               

              今年もあとわずかですが、ほほえみ1Cもクリパも全力で駆け抜けていきましょう!

               

               

              ********************

              ハリー 46期生

              防衛医大4年生。ほほえみ1Cでは

              イツキをやらせていただきます。

              ときどきお稽古に来てくれるキャトルキッズ達が

              可愛くて仕方がありません。

              ********************


              0

                こんにちは写真撮影・映像担当の茶屋です。
                すっかり寒くなってきましたが皆さん体調を崩したりされていませんでしょうか。
                私は久しぶりに熱を出してしまいました。何をするにも思うように体が動かず。
                やはり健康が一番ですね。

                さて私はキャトルで舞台の写真を撮らせてもらうのですが、一番最初にカメラテストをしています。できる限り失敗はしたくないので、舞台に上がるキャストがお化粧したり衣装を着たりして準備している間に舞台写真ちゃんと撮れるかを試しています。キャストの皆さんは準備に忙しいので会場にいる誰かにテストの被写体になってもらいますが、大体いつも演出家に出てもらっています。
                もう何度もお願いしているのできっと慣れっこです。

                まず一枚。

                ちょっと暗すぎました。

                修正してぱちり。

                明るすぎますね。今日は調子悪いな。

                もう一度直して、パチリッ

                うん。いい感じだと思います。

                次に照明さんにお願いして照明を暗くしてもらいます。
                これは今回の舞台演出上最大に暗い場面を想定しています。

                まずこのようなシーンを撮ることはないですが破綻はしていなさそうです。
                これで準備万端!

                さてまだ時間があるなーと思っていたら照明さんが遊びで背景に合わせた照明を入れてくれました。これは撮らないと。

                たまたま撮れたのですがなんだか炎をバックにいい雰囲気です!
                表情もいいし、手に持った眼鏡が意味深です(^^

                たまにはこういうのもあります。


                *******************
                茶屋:3.0期生
                先日久しぶりにお稽古に顔を出しました。
                キャトルのメンバーに会うと自然と元気に
                になります。そんな素敵な場所だと再認識。
                *******************


                0

                  2017年10月29日、千葉県船橋市の有料老人ホーム、ここち西船橋にて「桃四郎の鬼退治」を上演しました。
                  こちらは初めてお伺いする施設です。以前、別の施設にご勤務の際にキャトルの公演を知ったスタッフの方がお呼びくださいました。
                  会場となるのは広々としたダイニング。カーテンを暗幕に掛け替え、照明や音響機材を設置すると、会場は舞台に様変わりします。早くから楽しみにして客席でお待ちくださるご入居者様もたくさんいらっしゃいました。
                  客席は冒頭からとてもノリが良く、最前列で音楽に合わせて手を振っていらっしゃる方も。とくに、娘とおばあさん、桃四郎をめぐるふたりの「嫁姑の争い」は大いに盛り上がり、終盤の2人の和解のシーンではなんと拍手が起きました。それに続くカップル誕生シーンでも温かい拍手が。客席に笑顔が溢れ、舞台と客席の一体感を強く感じることができる公演となりました。
                  スタッフの方からは、「いつもは不安感の強い方がうっとりと歌に聞き惚れていらっしゃった」「あまりお部屋から出ていらっしゃらない方が1時間座ってご覧になっていた」等、とても嬉しいご感想をいただきました。
                  「桃四郎の鬼退治」は2012年初演以来のロングラン作品。少しずつ改変を加えており、二度観た方からは以前よりブラッシュアップしたという嬉しいご感想をいただいています。
                  これからも多くの方に「桃四郎」の世界をお届けできるよう、キャトルの財産として大事にして行きたいと思います。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  0

                    キャトル・リーフの活動は皆様からのご寄付で成り立っています。このたび、LEDパーライトを新調しました。舞台に様々な色を加えることができます。できることの幅が広がりそうでワクワクしております。ご支援に感謝です!


                    0

                      2017年10月28日、国立病院機構東埼玉病院にて「桃四郎の鬼退治」を上演しました。
                      こちらの病院にお邪魔するのはすでに8回目。2008年以来、ほぼ毎年お邪魔しています。
                      台風の接近が心配されましたが、小雨にとどまり、無事に本番を迎えることができました。
                      ハロウィンの素敵な装飾がされた療育訓練室を会場としてお借りしました。職員の皆さんが事前に会場を整えてくださったおかげで、スムーズに準備が進みました。
                      今年も、日本工業大学のみなさんが患者様向けにUstreamで公演の様子を配信してくださいました。お話を伺うと、病院でのイベント放映を継続して行っているのだとのこと。残念ながら会場に来られない患者さんも、病室でUstream配信を楽しむことができます。技術の進歩がQOLの向上に結びつくことを実感しました。
                      開場すると、患者様が車椅子で次々にご来場されました。中には、毎年お見かけしている懐かしいお顔もあります。
                      1時間弱の上演中は会場からの笑い声あり、掛け声あり。舞台で上がる「エイエイオー!」に一緒に腕を振り上げてくださる方も。
                      今回が初舞台、という新人もいましたが、お客様の反応に励まされ、リラックスして舞台をつとめることができたようです。
                      「桃四郎の鬼退治」は鬼と人間がお互いに持っていた偏見に気づき、認め合う姿を描いた物語です。軽いタッチのごくコミカルなお話ですが、障害者に対する偏見に通じるものを感じてくださったり、また、施設職員に見てもらいたい、とおっしゃっていただくことがあります。舞台をご覧になった方が、それぞれに意味を汲み取ってくださることをとても有り難く感じました。
                      また来年、新しい作品でお伺いすることを楽しみにしています!