キャトル・リーフは、病院や特別支援学校・高齢者福祉施設などでミュージカルを上演しているNPO法人です。

キャトルのホームページ キャトルのブログ quatreleafをフォローしましょう
0

    2017年6月3日、兵庫県姫路市の医療法人松藤会入江病院にて「パベルと魔法の土笛」を上演いたしました。
    入江病院の創立記念式典の一環として、2010年から毎年お呼びいただくようになり、今年でなんと8回目。
    入江常務をはじめとしたスタッフの皆様がいつも楽しみにお待ちくださっています。
    わたしたちにとっても、一年の節目となる大切な公演です。
    土曜日11時の開演のため、金曜日の夜までに全員が姫路入りし、本番の朝を迎えました。
    リハーサルの時間を確保するため、仕込みを急がなくては!と焦っていたのですが、入江病院の皆さんが事前の会場準備に多大なご協力をくださいました。そのおかげで、リハーサルをしっかりと行うことができました。
    創立記念式典の記念写真撮影に参加させていただいたあと、メイクを仕上げ、いよいよ本番。
    患者様、ご家族、近隣の方々や職員の皆様、あわせて103名のお客様が見守る中、「パベルと魔法の土笛」が開演しました。
    理事長の中村がパベル、堤が氷の女王を演じる公演は、実はこれが初めて。しかも、この公演は昨年から続く公演の、いわば千秋楽となります。
    メンバーのひとりひとりが「パベル」の世界を惜しむように、大切に演じきりました。
    アーニャとマーシャ親子の心のすれ違い、また氷の女王とパベルの親子の再会は観客の涙を誘いました。
    そして、パベルが心から発した「ありがとう」のメッセージは、観てくださった職員の皆さんの心に伝わったようです。
    終演後には、手話を交え、テーマソング「ありがとう」を会場の皆さんと一緒に歌うコーナーを実施。
    ありがとう ありがとう
    あたたかな響き
    ありがとう ありがとう
    優しい言葉
    会場全体が「ありがとう」の歌声に包まれました。
    病院スタッフの皆さんと来年の再会を約し、一年に一度の入江病院公演が無事終了いたしました。
    感慨に耽る間も無く、土曜日からは「桃四郎の鬼退治」のお稽古がはじまります。新しいメンバーも増えました。「桃四郎の鬼退治」はダンスナンバーの多い、楽しい作品です。
    また皆様に良い舞台をお届けできるよう、わたしたち自身も楽しみながら、お稽古に取り組んで参ります。

     


    0

      2017年5月27日、葛飾区の特別養護老人ホーム中川園にて「パベルと魔法の土笛」を上演いたしました。
      こちらの施設は3回目の訪問。
      毎回とても楽しみにしてくださっています。
      ほとんどのご入居者様が車椅子に乗っていらっしゃいますが、ご自分で車椅子を動かして来場される、はつらつとした方が多いのが印象的でした。
      職員の方々も次々にご入居者様をお連れくださり、広々した多目的室があっという間にお客様でいっぱいになりました。
      今回の公演は、4月からはじまった「パベルと魔法の土笛」公演の一区切り。役替わりもあり、今回初出演のメンバーもいましたが、集中して役に取り組みました。
      終演後のお見送りでは、出演者に握手を求めてくださるお客様がとても多く、記念写真を撮らせていただき、嬉しくお見送りさせていただきました。
      中川園様のブログにも掲載されました。ぜひご覧ください。
      http://nakagawaen0501.blog.fc2.com/blog-entry-20.html
      「パベルと魔法の土笛」の公演は、6/3(土)の姫路市入江病院公演でひと段落となります。
      翌週からは「桃四郎の鬼退治」のお稽古が開始。7月、8月、9月が公演シーズンとなります。
      公演会場、まだまだ募集中です。
      https://206-weblike-smk.ssl-chicappa.jp/quatre/inquiry.html
      上記より、お気軽にご相談ください。

       


      0

        2017年5月21日、葛飾区の有料老人ホーム、ボンセジュール四つ木にて「パベルと魔法の土笛」を上演いたしました。
        こちらに訪れるのは昨年に続き2回目。メンバーの親御さんがご入居されているご縁でご紹介いただきました。施設職員の皆様が、今回も楽しみに待っています!と、とても温かく迎えてくださいました。
        今回の公演は、4月から開始したお稽古の集大成。初めて出演するメンバー、新しい役に挑戦するメンバー、同じ役を更に深めるメンバー、それぞれ自分の課題に取り組んできました。
        前日の通し稽古では、まだ不安な部分があったのですが、集中してお稽古に励み、いよいよ迎えた本番。
        ご入居者様のお邪魔にならないように、仕込みのときにはスタッフが少人数で作業を行いました。カーテンを掛け替えたり、機材を組み立てたりと、八面六臂の大活躍。その間、キャストは控え室で密度の濃いリハーサルを行ないました。
        そしていよいよメイクと衣装を着け、照明を浴びると、お客様の視線に助けられ、心を一つにして舞台をつとめることができました。
        ご来場されたご入居者の皆様も、本編の間中、集中してご覧くださいました。もちろん入居されているメンバーの親御さんもとても喜んでくださり、全員に握手をして感激を伝えてくださいました。
        来週、再来週と、キャストを一部入れ換えながら公演が続きます。より良い舞台をお届けできるよう、引き続き取り組んでまいります。

         


        0

          【お客様の声】東京医療センターでの公演のアンケートより
          http://quatre.info/history/detail.cgi?k=20170318
          ■私は難病のSLEで入院中の84の誕生日にこのmusicalをみせて頂き本当のプレゼントと思いました。もうすぐ退院ですが心からアリガトウを申し上げます。(84歳男性)
          ■妻の見舞に来て紹介されました。貴重な楽しい時間をありがとう。ありがとう。団員達の熱演は胸が熱くなりました。ありがとう。ありがとう。一生懸命さが大切と教えられました。(89歳男性) ■皆さん声がよくとおって聞きやすかったです。感動しすぎて涙で顔がグシャグシャです。衣装も良かったです。
          ■入院中の患者にとってはとても心のリハビリになりました。(75歳男性)
          ■たいへん感動しました。どんどん引き込まれました。一人一人の努力と情熱が結実していると感じます。(スタッフの方も含めて)今後も有意義な活動を是非続けていってほしいと思います。(61歳男性)
          ■中学校時代から手を合わせてありがとうと言う事を永平寺の貫主になられた校長先生から教わり、それを今思い出しとてもとてもありがたく思いました。とても大切な言葉です。今日の劇(ミュージカル)を見て感動して、涙が出てとまりませんでした。忙しい中の練習だったと思いますがこれからもどうぞよろしくお願いいたします。どうもありがとうございました!!(81歳女性)
          ■楽しみにしていました。3才の娘も、一生けん命見ていました。また、公演にいらっしゃるのを楽しみにしています。(40歳女性)


          0

            2017年3月18日、19日の両日、目黒区東京医療センターにて「パベルと魔法の土笛」を上演しました。
            東京医療センターでは、キャトル・リーフ理事長の中村が研修医として勤務する2000年に病院内ミュージカル公演を企画して以来、ほぼ毎年公演を行っています。今年も病院スタッフの方がボランティアで患者様の搬送にあたってくださいました。
            入院患者様、面会中のご家族、地域の方々など、2日間で249名のお客様がご来場されました。中には、「昨日も来ました」「3回目です」はたまた「4回観ました(!)」と、何度も足をお運びくださるお客様も。最後には「ブラボー!」とスタンディングオベーションをしてくださる患者様の姿もあり、メンバーも胸が熱くなりました。
            今回、土曜日と日曜日で大幅な役替りがあり、最期まで気の抜けない公演でしたが、客席のお客様の力をいただいて、どちらの曜日のキャストも精一杯演じきることができました。
            この公演で今タームはいったん終了。このあと短いお休みとNPO法人の総会をはさみ、4月から新たに集結するメンバーで「パベルと魔法の土笛」のお稽古を開始します。5月以降の公演会場も募集しています。引き続きどうぞ応援をよろしくお願いいたします。


            0

              東京医療センター公演、まずは1日目が無事終了!
              入院患者様、ご家族はじめ、127名の方にご覧いただくことができました。

               

               


              0

                パイオニア(株)さまのホームページで、先日の公演の様子についてアップされました。ぜひご覧ください!
                パイオニアHPのURL
                http://pioneer.jp/…/con…/music/karadadekikou/report/2017.php

                 


                0

                  2017年3月11日(土)、国分寺地域活動連絡会、わいわいくらぶで「パベルと魔法の土笛」を上演しました。
                  わいわいくらぶは、心身に障害のある児童の余暇活動促進のための活動をしている団体です。
                  2014年に「ミシン・ガール」を上演し、今回は二度目。
活動する児童生徒のみなさま、ご家族のみなさま、あわせて39名の方々に舞台を楽しんでいただきました。
                  いつものお友達やご家族と一緒に、のびのびとミュージカルを楽しめる時間を提供できるのは、ミュージカルを出前公演しているキャトルの活動ならでは、と自負しています。
                  広々とした体育館いっぱいに「ありがとう」のテーマソングが響きました。(マイクがとてもよく入りました(笑))
                  主人公のパベルをはじめ、氷の女王、オマリ、ボリス、氷の精や村人に至るまで役替わりが多く、新鮮な舞台となりました。
                  そして、キャストにかかわらず子供達に一番人気なのは、悪魔のオマリとボリス!キャトルの物語には珍しい、完全なる悪役なのですが、魅力がある役のようです。
                  来週の東京医療センター公演ではまた大幅な役替わりがあります。外部のお客様も大歓迎です。どうぞお気軽にご来場ください。

                   


                  0

                    2017年3月5日(日)、パイオニア株式会社第236回「身体で聴こう音楽会」にて、「パベルと魔法の土笛」を上演しました。
                    この音楽会はパイオニアが長年続けている社会貢献活動。同社が開発した体感音響システムを使い、聴覚障害のある方に音楽を楽しんでいただくための活動です。
                    キャトル・リーフは2004年以来、13年にわたり、毎年公演をさせていただいています。
                    会場は川崎市麻生市民会館のホール。パイオニアの社員ボランティアの皆さんが朝から客席に体感音響システムを設置されました。
                    この公演では、聴覚障害のある方にも物語を楽しんでもらうため、すべてのセリフを字幕表示します。
                    キャトル・リーフのリハーサルのかたわら、社員ボランティアのみなさんは、字幕を表示するプロジェクターの位置を調整。
                    今回は聴覚障害だけでなく視覚障害のある方もいらっしゃるとのことで、客席に近い見やすい位置に表示しようと、時間をかけて調整されていました。
                    開場を待ちかねたたくさんのお客様が訪れ、「パベル」の公演を楽しんでくださいました。公演は先週にひき続き3回目となりますが、キャストが一部交代になり、また雰囲気の異なる舞台に。終演後の第二部では、お客様と一緒に手話を使ってテーマソング「ありがとう」を歌いました。さすが手話に慣れていらっしゃる方が多く、みなさんすぐに覚えてくださったようです。会場全体での手話を交えた合唱はとても感動的でした。帰り際には手話で「ありがとう」と言いながら帰ってくださるお客様がたくさんいらっしゃいました。
                    さて、来週、再来週と続く公演では、さらに半数以上のキャストが入れ替わります。3月18日、19日に予定されている東京医療センター公演は外部のお客様も歓迎です。どうぞ足をお運びください。

                     

                     


                    0

                      2017年2月26日、千葉県八千代市の東京女子医科大学八千代医療センターで開かれたウィンターフェスタにて、「パベルと魔法の土笛」を上演しました。
                      ここは理事長の中村と地曵が勤務する地域の中核病院。年二回のフェスタで医療や健康についての情報を発信し地域の健康増進をはかる取り組みをされています。
                      冬のフェスタでのミュージカル公演は2008年以来なんと10回目となり、すっかりお馴染みに。毎年観に来てくださる方もいらっしゃり、開場と同時に押し寄せた地域のお客様で大会議室はいっぱいになりました。広い会場でたくさんのお客様を前にし、いつになく緊張したと語るメンバーもいました。
                      「パベル」は昨日初演を迎えたばかり。演じるキャストは昨日と同じでしたが、舞台のサイズやお客様との距離感が違い、演技がまたすこし変わったようです。小さなお子さんには「ほのお」のシーンの赤い照明に照らされた激しいダンスが好評だったとのこと。
                      今年も病院側の手厚くスムーズなご協力のおかげで、無事に公演がつとめられました。たくさんのお客様にキャトルの舞台を楽しんでいただけたことを嬉しく思っています。
                      来週はパイオニア株式会社の「身体で聴こう音楽会」に出演。今週末とは一部キャストを変更してお送りします。
                      入場は無料。事前の申し込みが必要ですので、パイオニア株式会社様のホームページよりお申し込みください。