キャトル・リーフは、病院や特別支援学校・高齢者福祉施設などでミュージカルを上演しているNPO法人です。

キャトルのホームページ キャトルのブログ quatreleafをフォローしましょう
0

    2017年10月14日土曜日、東京都立光明学園にて「パベルと魔法の土笛」を上演しました。
    都立光明学園は、日本で肢体不自由教育をはじめて行った公立学校 です。昨年まで光明特別支援学校という名称でしたが、今年4月から肢体不自由教育部門に加えて病弱教育部門を併設し、校名を改めたのだとのこと。体育館の真新しいロイヤルブルーの緞帳幕が目に眩しく映りました。
    光明学園とは、理事長の中村が東京医療センターの研修医だった時代からのご縁で、ミュージカル公演は今回で14回目となります。
    実は「パベルと魔法の土笛」を初演の2008年に上演させていただいているのですが、それもすでに9年前のこと。月日の流れの速さを感じます。
    メンバーたちは朝8時に体育館に到着。副校長先生が鍵を開け、暖房を付けて待っていてくださいました。
    上演は11時からとあって、仕込みが急ピッチで進みます。時間はタイトでしたが、スタッフが潤沢にいたおかげで、比較的余裕を持ってリハーサルに臨むことができました。
    そしていよいよ本番。冷え込みが強く、小雨の降るあいにくの天気の中、驚くほどたくさんの生徒さんがご来場くださいました。
    そもそも体調を崩しやすい時期ですし、自動車での来校が必要な生徒さんたちにとって雨は大きな障壁となります。それにも関わらず、公演を楽しみにして集まってくださった生徒さんの多さがとてもありがたく、ざわめきも嬉しく耳に響きました。
    本番中は、集中して舞台を見つめる生徒さんのかたわら、声を出したり歩き回ったりしながらのびのびと舞台を楽しむ生徒さんも。みなさんがそれぞれのやり方で舞台という非日常の空間を楽しんでくださったと思います。
    終演後の交流会では生徒さんと保護者の方々と昼食を取りながらお話をさせていただきました。
    子育てのことや学校のこと、舞台の感想、キャトルの活動についての質問。
    さまざまなお話が出る中で保護者の方がおっしゃっていたのは、通い慣れた学校の体育館でミュージカルを観られるので、お子さんがとても落ち着いていたということ。また、保護者の方自身も、上演中にお子さんが声を出したり動いたりしても、お互い様だからと気持ちを楽に持って舞台を楽しめた、ということです。
    実感のこもったご感想に、わたしたちの活動の意味を実感させていただいた時間でした。
    終演後、片付けをしていると、領主タチアナ役のメンバーに握手を求めてくださる女の子が。
    お母様曰く、「闘う女性が好きなんです」と。セーラームーンのファンなのだとか!
    タチアナさまはあいにくメイクを落としてしまっていましたが、とても嬉しそうに帰って行く姿に、わたしたちも嬉しくなりました。
    光明学園ではすでに来年の公演をお約束しました。次回の公演にはさらによい舞台をお届けできるよう、メンバー一同、頑張ってまいります。

     


    0

      【公演報告】2017年9月10日、川口市にて理光家族会の皆様にお呼びいただき、「桃四郎の鬼退治」を上演しました。
      理光家族会は障害者支援施設のご入居者、ご利用者とそのご家族の会です。職員の方々を含め、45名がご来場されました。
      理光家族会では、「ほほえみのかけ橋」、「正太と願い石」に続く3回目の公演。毎年楽しみにしているんです、とおっしゃっていただき、メンバーは朝からやる気十分でした!
      前日の公演と一部メンバーを入れ替え、入念なリハーサルを経て、いざ本番。客席はほとんどが車椅子です。性別も年代も様々なご利用者様がご覧くださいました。
      みなさん集中して観劇されていましたが、面白いシーンになると笑い声が上がり、楽しんでくださっているのが伝わりました。車椅子の上で手話の振り付けを一緒にしてくださる方もいらっしゃいました。
      終演後には、一人一人お花をいただき、みなさんと一緒に写真撮影。良かった、とお声をかけてくださる方、握手を求めてくださる方、賑やかで楽しい時間となりました。

       


      0

        【公演報告】2017年9月9日、医療法人社団景星会赤羽 赤羽東口病院にて「桃四郎の鬼退治」を上演しました。
        赤羽東口病院は赤羽の繁華街の真っ只中に位置し、地域に根ざした医療を提供している病院です。キャトルメンバーである地曵の先輩医師が院長を引き継いで1年余りとのこと。今回が初めての公演とあって、限られたスペースの中でどう公演を行うか、事前に綿密な計画を立てて臨みました。
        こちらの病院では土曜も外来診療や検診が行われているため、お邪魔にならないよう少人数での仕込みを行いました。病院スタッフの皆様が会場となるリハビリ室の片付けを事前にしておいてくださったため、とてもスムーズに進行しました。
        リハビリ室は横幅5メートルたらずの空間でしたが、奥行きがあったのを活かして、舞台袖を後方に設営。13名のキャストが見事に舞台に収まりました。(画像をご覧ください!)
        客席は思ったよりも広く取れたと思ったのですが、さらに多くのお客様が詰め掛けてくださり、2回の公演はどちらも満席となりました。
        1回目は外来の患者さまと地域の方々を招いての公演です。お元気な皆さまが中心とあって客席は開始早々大変に盛り上がり、笑い声と拍手でキャストは大いに力づけられました。
        2回目は入院患者さまとご家族が対象。車椅子の方が多く、ミュージカルを観るのは初めてという方もいらっしゃいましたが、とても集中して舞台を楽しんでくださいました。また、2回目は夕方の公演だったため、病院スタッフの方がたくさん観に来てくださったのも嬉しかったです。
        今回はキャトルのチームワークを存分に発揮することができた公演でした。経験値がアップしました。また次回、公演をさせていただく機会を楽しみにしています!

         

         


        0

          2017年8月6日、世田谷区の有料老人ホームアリア等々力の杜にて「桃四郎の鬼退治」を上演しました。
          こちらはメンバーの親御さんが入居しているホームです。ご紹介をいただき、公演をさせて頂く運びとなりました。
          会場のダイニングは午前中のアクティビティと昼食に使用するため、その合間を縫って準備をさせていただきました。前日、別の場所で公演をしたばかりということもあり、短い時間の中でメイクや機材設置、会場設営など、手際よく行うことができました。スペースの関係上、舞台袖を設置せず、客席のお客様のすぐ横を通って会場出口から登場する形にしましたが、それも臨場感があって面白い試みでした。
          今回、会場に来られるご入居者はほぼ全てご来場くださったとのこと。ご家族もいっしょにご観劇くださいました。歌の振り付けの手話を見て手を動かしてくださっているご入居者もいらっしゃいました。また、終演後には皆様とキャストが笑顔で記念撮影。思い出のひとこまとなれば幸いです。
          なお、こちらのホームは等々力渓谷のすぐお隣とあって、帰宅時には渓谷を通って駅まで歩きました。都内とは思えない豊かな自然に感激し、すっかりリフレッシュして帰路につきました。

           


          0

            2017年8月5日、荒川区の高齢者総合介護サービス施設、信愛のぞみの郷にて「桃四郎の鬼退治」を上演しました。
            信愛のぞみの郷には2008年からお邪魔しています。前回の2012年の訪問から少し間を空けて、5回目の訪問となります。今回上演する「桃四郎の鬼退治」は各地で再演を重ねており、今回で35会場目でしたが、5年前に初めて上演されたのはまさにこちらの会場でした。
            5年前の初演から桃四郎に参加しているメンバーもいれば、今回が桃四郎初参加のメンバーも、また、初舞台を踏むメンバーもいます。みな心を合わせて公演に臨みました。
            デイサービスのご利用者、ホームのご入居者、また、体操教室に通って来られている地域のご高齢者など、65名のお客様で会場はあっという間にいっぱいになりました。エレベーターの扉が開くたびに、施設職員の方がお客様に「いらっしゃいませ!」と賑やかに声掛けをし、観劇の雰囲気を盛り上げていらっしゃいます。おかげさまで客席の期待感は高まり、舞台開始早々、「待ってました!」と絶妙のタイミングで掛け声が。その後も客席の反応はとても温かく、嫁姑の争いのシーンではそこここで笑い声が上がり、大団円のシーンでは拍手が巻き起こりました。
            終演後は、お客様がエレベーターの順番を待つ間、キャストがご挨拶をさせていただきました。「猿、かわいい!」と猿吉役に手を振ってくださる方々や、娘役に嫁姑問題についてアドバイスしてくださる方もいらっしゃり、とても楽しい時間となりました。
            以前の「桃四郎」をご覧になったスタッフの方が「パワーアップしましたね!」と言ってくださったのがとても嬉しかったです。
            「桃四郎の鬼退治」公演シーズンはもう少し続きます。新しい会場でも、お馴染みの会場でも、いつも新鮮な笑顔と感動をお届けできるよう頑張ります!

             

             


            0

              7月9日(日)グランダ石神井公園にて、「桃四郎の鬼退治」を上演致しました。
              上演させていただくのは今年で三回目。
              上演中も楽しそうな笑い声が客席から何度も聞こえてきて、着物姿のメンバーが舞台に上がった際には「可愛いわねー!」というお声も。ダンスナンバーのたびの大きな拍手に、出演者も楽しみながら舞台を務めあげることができました。
              終演後の施設のおやつの時間の際には、各テーブルをまわって撮影会もありましたが、そこでも舞台の嬉しいご感想をたくさんいただくことができ、とても嬉しい時間を過ごすことができました。

               


              0

                7月8日(土)グランダ学芸大学にて「桃四郎の鬼退治」を上演致しました。
                久々の桃四郎、初めての会場でしたが、施設の皆様のご協力のおかげで、たくさんのご入居者様にご観劇いただきました。
                終演後も、「テーマを変えてまた来てください!」と嬉しいお声をいただいたり、片付け後にも「部屋に戻ってもずっとミュージカルの話をしているんですよ」とおっしゃって下さった入居者様のご家族もいらしたり。
                上演中はもちろん、お部屋に戻った後も楽しい時間が観て下さった方々の中で続いている・・とても幸せなことです。
                またお目にかかれる日を楽しみにしております!


                0

                  2017年6月3日、兵庫県姫路市の医療法人松藤会入江病院にて「パベルと魔法の土笛」を上演いたしました。
                  入江病院の創立記念式典の一環として、2010年から毎年お呼びいただくようになり、今年でなんと8回目。
                  入江常務をはじめとしたスタッフの皆様がいつも楽しみにお待ちくださっています。
                  わたしたちにとっても、一年の節目となる大切な公演です。
                  土曜日11時の開演のため、金曜日の夜までに全員が姫路入りし、本番の朝を迎えました。
                  リハーサルの時間を確保するため、仕込みを急がなくては!と焦っていたのですが、入江病院の皆さんが事前の会場準備に多大なご協力をくださいました。そのおかげで、リハーサルをしっかりと行うことができました。
                  創立記念式典の記念写真撮影に参加させていただいたあと、メイクを仕上げ、いよいよ本番。
                  患者様、ご家族、近隣の方々や職員の皆様、あわせて103名のお客様が見守る中、「パベルと魔法の土笛」が開演しました。
                  理事長の中村がパベル、堤が氷の女王を演じる公演は、実はこれが初めて。しかも、この公演は昨年から続く公演の、いわば千秋楽となります。
                  メンバーのひとりひとりが「パベル」の世界を惜しむように、大切に演じきりました。
                  アーニャとマーシャ親子の心のすれ違い、また氷の女王とパベルの親子の再会は観客の涙を誘いました。
                  そして、パベルが心から発した「ありがとう」のメッセージは、観てくださった職員の皆さんの心に伝わったようです。
                  終演後には、手話を交え、テーマソング「ありがとう」を会場の皆さんと一緒に歌うコーナーを実施。
                  ありがとう ありがとう
                  あたたかな響き
                  ありがとう ありがとう
                  優しい言葉
                  会場全体が「ありがとう」の歌声に包まれました。
                  病院スタッフの皆さんと来年の再会を約し、一年に一度の入江病院公演が無事終了いたしました。
                  感慨に耽る間も無く、土曜日からは「桃四郎の鬼退治」のお稽古がはじまります。新しいメンバーも増えました。「桃四郎の鬼退治」はダンスナンバーの多い、楽しい作品です。
                  また皆様に良い舞台をお届けできるよう、わたしたち自身も楽しみながら、お稽古に取り組んで参ります。

                   


                  0

                    2017年5月27日、葛飾区の特別養護老人ホーム中川園にて「パベルと魔法の土笛」を上演いたしました。
                    こちらの施設は3回目の訪問。
                    毎回とても楽しみにしてくださっています。
                    ほとんどのご入居者様が車椅子に乗っていらっしゃいますが、ご自分で車椅子を動かして来場される、はつらつとした方が多いのが印象的でした。
                    職員の方々も次々にご入居者様をお連れくださり、広々した多目的室があっという間にお客様でいっぱいになりました。
                    今回の公演は、4月からはじまった「パベルと魔法の土笛」公演の一区切り。役替わりもあり、今回初出演のメンバーもいましたが、集中して役に取り組みました。
                    終演後のお見送りでは、出演者に握手を求めてくださるお客様がとても多く、記念写真を撮らせていただき、嬉しくお見送りさせていただきました。
                    中川園様のブログにも掲載されました。ぜひご覧ください。
                    http://nakagawaen0501.blog.fc2.com/blog-entry-20.html
                    「パベルと魔法の土笛」の公演は、6/3(土)の姫路市入江病院公演でひと段落となります。
                    翌週からは「桃四郎の鬼退治」のお稽古が開始。7月、8月、9月が公演シーズンとなります。
                    公演会場、まだまだ募集中です。
                    https://206-weblike-smk.ssl-chicappa.jp/quatre/inquiry.html
                    上記より、お気軽にご相談ください。

                     


                    0

                      2017年5月21日、葛飾区の有料老人ホーム、ボンセジュール四つ木にて「パベルと魔法の土笛」を上演いたしました。
                      こちらに訪れるのは昨年に続き2回目。メンバーの親御さんがご入居されているご縁でご紹介いただきました。施設職員の皆様が、今回も楽しみに待っています!と、とても温かく迎えてくださいました。
                      今回の公演は、4月から開始したお稽古の集大成。初めて出演するメンバー、新しい役に挑戦するメンバー、同じ役を更に深めるメンバー、それぞれ自分の課題に取り組んできました。
                      前日の通し稽古では、まだ不安な部分があったのですが、集中してお稽古に励み、いよいよ迎えた本番。
                      ご入居者様のお邪魔にならないように、仕込みのときにはスタッフが少人数で作業を行いました。カーテンを掛け替えたり、機材を組み立てたりと、八面六臂の大活躍。その間、キャストは控え室で密度の濃いリハーサルを行ないました。
                      そしていよいよメイクと衣装を着け、照明を浴びると、お客様の視線に助けられ、心を一つにして舞台をつとめることができました。
                      ご来場されたご入居者の皆様も、本編の間中、集中してご覧くださいました。もちろん入居されているメンバーの親御さんもとても喜んでくださり、全員に握手をして感激を伝えてくださいました。
                      来週、再来週と、キャストを一部入れ換えながら公演が続きます。より良い舞台をお届けできるよう、引き続き取り組んでまいります。