理光家族会さまの公演ご報告

  • 2018.09.21 Friday
  • 16:19

2018年9月9日、埼玉県川口市にて、理光家族会の皆様にお呼びいただき、「きみのいのち ぼくの時間」を上演しました。
理光家族会は障害者支援施設のご入居者、ご利用者とそのご家族の会です。職員の方々を含め、44名がご来場されました。
理光家族会には毎年お呼びいただいていて、今回が4回目。いつも早くから予定を立て、とても楽しみに待ってくださっています。
夏からのお稽古で、すでに何度か公演を行っていますが、今回カエルくん役を演じたメンバーは、これが初めてのカエルくん役。相手役となるハチ子さんを演じるメンバーとは、歳も近く、普段から仲良くしているため、ラブシーンでは照れてしまう、と言っていましたが、本番には集中して、二人の世界を演じ切っていました。いつもながら、お客様の視線がキャストにエネルギーを与えてくれます。家族会の方には、集中して舞台に見入っているお子さんの姿を見るのがとても嬉しい、とおっしゃっていただきました。
終演後には、キャスト、スタッフ一人一人に、手作りのバルーンフラワーの花束をプレゼントしていただきました。色とりどりの可愛い風船が手渡ししてくださるみなさんの笑顔を彩り、とても嬉しい時間でした。
お見送りの時にはおしゃべりも弾み、「また楽しみにしています」「今度は洋物がいいな」とリクエストも。また来年の予約もしていただきましたので、引き続き良い舞台をお届けできるよう、精進して参ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤羽東口病院さまの公演ご報告

  • 2018.09.21 Friday
  • 12:32

2018年9月8日、医療法人社団景星会赤羽 赤羽東口病院にて「きみのいのち ぼくの時間」を上演しました。
赤羽東口病院は昨年に引き続き、2回めの訪問。赤羽の繁華街である「一番街」の真っ只中に位置し、地域に根ざした医療を365日提供している病院です。昨年同様にリハビリ室をお借りして公演を行いました。病院側ではリハビリの予定を変更し、機器をあらかじめ片付けて会場設営にご協力くださいました。また、会場後方に設置したカメラによって、外来待合室、食堂の大画面テレビに公演の様子がリアルタイムで配信されていたのは驚きでした。
当日はあいにくの雨でしたが、患者様や地域の方々が多数ご来場くださいました。特に2回目の公演では入院患者様が徒歩や車椅子でたくさんいらっしゃり、舞台を楽しんでくださいました。職員の方々も、業務の合間を縫って、客席後方から熱心に舞台を眺めていらっしゃいました。
公演後の病院スタッフの皆様との交流も、とても楽しい時間でした。また来年もぜひお伺いさせていただきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世田谷区いずみ学級さまの公演ご報告

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 10:44

2018年9月2日、世田谷区いずみ学級にて「きみのいのち ぼくの時間」を上演しました。
いずみ学級は、先週お邪魔した中央区かえで学級と同様に、知的障害のある方を対象に、さまざまな学習活動を行なっている取り組みです。今回、主事の方から紹介され、はじめて公演をさせていただきました。
9月とはいっても残暑の候、会場の温度がじわじわと上がっていき、観客の皆さんは大丈夫か、と心配しながらの公演でしたが、舞台の熱気がそれに勝ったのか、皆さん暑さをものともせず、集中して舞台を楽しんでくださいました。涙を流していらっしゃった学級生の方が何人もいた、とスタッフの方からうかがいました。 終演後には、テーマソング「いのちのかがやき」を会場の皆さんと一緒に歌いました。皆さんはあらかじめテーマソングの練習をされていたとのことで、本編の冒頭から一緒に歌ってくださる方も。もちろん、終演後には広い会場いっぱいに響き渡る歌声が聞かれました。キャストと一緒の写真撮影まで、皆さんとても楽しんでくださったご様子でした。
実は今回、諸事情により、公演前日にキャスティングの変更がありました。スタッフも、本来担当するはずではなかったオペレーションを急遽行うことになり、終始緊張感のあふれる公演だったと思いますが、見事に務めてくれました。こういう場合にいつも臨機応変に対応してくれるキャトルのメンバー。本当に信頼できる、頼もしい仲間たちだなと思います。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中央区かえで学級さまの公演ご報告

  • 2018.08.31 Friday
  • 12:15

2018年8月26日、中央区かえで学級にて「きみのいのち ぼくの時間」を上演しました。
かえで学級は、知的障害のある方を対象に、さまざまな学習活動を行なっている中央区の取り組みです。活動の一環として呼んでいただいたのは今回で3回目。前回、前々回の「正太と願い石」「ほほえみのかけ橋」は、学級生の皆さんがとても喜んでくださいました。
今回の作品は、いままでの作品と少し毛色が違います。テーマとして、少し難しいようにも思われました。しかし、学級主事の先生が事前に公演をご覧くださり、命の長さ、という、つい後回しにしがちなことがメインテーマだからこそ、この機会に学級生のみなさんに何かを感じてもらいたい、という熱意を持ってお招きいただきました。
本番には、皆さんがそれぞれに舞台を楽しまれていたことがとてもよく伝わりました。今回の物語には、メインテーマ以外にも、結婚式やカエルくんが空を飛ぼうと頑張るところなど、わたしたちが伝えたいテーマが様々に盛り込まれています。色々な角度から作品を楽しんでいただけるのが生の舞台の良いところ。学級生のみなさんの心に何かしらをお伝えできたのではないかと思っています。
終演後は、テーマソング「いのちのかがやき」を会場の皆さんと一緒に歌いました。皆さん、あっという間に歌や手話をマスターされ、大きな声で合唱してくださって、とても嬉しかったです。
「きみのいのち ぼくの時間」公演はまだまだ続きます。観てくださる方に、より伝わる演出、演技をたゆまず追求していきたいと思っています。

信愛のぞみの郷さまの公演ご報告

  • 2018.08.31 Friday
  • 12:11

2018年8月25日、荒川区の高齢者総合介護サービス施設、信愛のぞみの郷にて「きみのいのち ぼくの時間」を上演しました。
信愛のぞみの郷にはじめてお邪魔したのは10年前。昨年に引き続き、6回目の訪問となりました。昨年の「桃四郎の鬼退治」ではお客様が冒頭からとても良い反応を返してくださり、会場がおおいに盛り上がったことも記憶に新しく、果たして今回の作品はどう受け入れてくださるだろう、と緊張感を持って臨みました。
公演の際は、会場によって広さや舞台袖になる場所、照明機材を置く場所などが違います。会場の大きさを想定したお稽古を重ねてはいても、最終的には当日になって微調整をする必要が出てきます。今回も、本来なら一度舞台から去るはずのツバメ役が、出ハケの関係から舞台に残ることになりました。まったく新しい演出ですが、照明の力を借りて結果的にはとても良いシーンとなりました。
終演後のお見送りの際にはご入居者の皆さんが素敵な笑顔を見せてくださり、わたしたちの伝えたいメッセージが伝わったかな、と安堵しました。スタッフの方からは、長い時間座っているのが難しい方が、よく集中して観ていらっしゃった、というお声をいただき、とても嬉しかったです。
今回の公演を皮切りに、9月には5回、10月、11月にはそれぞれ2回の公演が予定されています。ありがたいことに、たくさんの新しいメンバーが続々とキャトルの活動に参加してくれています。今回の公演でも初参加の新人が何人かスタッフ参加しましたが、照明、音響、お客様の力を借りた本番のパワーを存分に感じられたようでした。
これからの公演も、お客様の笑顔のために、頑張ってまいります!

 

国立成育医療研究センターさまの公演ご報告

  • 2018.07.06 Friday
  • 00:05

2018年7月1日、世田谷区国立成育医療研究センターにて「桃四郎の鬼退治」を上演しました。
国立成育医療研究センター(以下「成育」)は妊娠出産から子供の成長に伴って発生する疾患の治療と研究を行う医療機関です。成育に入院している子供たちにミュージカルを届けたい、というのはキャトル・リーフ設立当初からの願いでした。メンバーのひとりが成育に勤務しており、彼女の熱意が実った形です。今回はイベントが多く開催されている講堂をお借りし、地域の方々を広くお呼びして、初めての公演が実現しました。梅雨明けの太陽が照りつける暑い日でしたが、二回合わせて134名と本当にたくさんの方がご来場くださったのは嬉しい驚きでした。
「桃四郎の鬼退治」は再演を重ねている作品ですが、毎回小さな演出の変更が加わり、少しずつ進化しています。一ヶ月足らずの短いお稽古期間の中、初めて桃四郎の舞台に立つメンバーもいたため、みんながお互いに教え合い、助け合いながら本番を迎えました。初演当初からの安定感のあるキャストと新しいキャストが力を合わせ、フレッシュな「桃四郎」の世界が展開しました。
終演後にはお気に入りのキャストと記念写真を撮るお子さんたちも。最後まで桃四郎を楽しんでくださったようです。
また、成育に併設される医療型短期入所施設「もみじの家」から、ご利用中のお子さんが看護師さんと共にご来場され、車椅子の上でリズムを取って楽しんでくださいました。
今回、近隣の保育園に宣伝をしたこともあり、4歳前後のお子さんがたくさん来場されましたが、会場はおどろくほど静かでした。アンケートには「子供が集中して観ていました」といった声が多数寄せられ、とても嬉しかったです。一方で、小さな子供は舞台が見えにくいため、床に座って見られる席を設けた方が良い、等のご意見もいただきました。また次回、成育で公演させていただく際に貴重なご意見を活かしていきたいと思っています。
桃四郎の余韻も覚めやらぬ間に、秋の本番に向け、「きみのいのち ぼくの時間」のお稽古が始まります。おかげさまで、たくさんの会場からご依頼をいただいています。病院や施設、知的障がい者の余暇活動など、種類はさまざまですが、観てくださる方に喜んでいただきたい、ミュージカルを通して感動を届けたい、という思いを共有し、協力してくださる会場ばかりです。新しい仲間を加えてはじまるお稽古とそれに続く公演を今からとても楽しみにしています。

 

入江病院さまの公演ご報告

  • 2018.06.08 Friday
  • 18:22

2018年6月2日、兵庫県姫路市の医療法人松藤会入江病院にて「きみのいのち ぼくの時間」を上演いたしました。
入江病院の創立記念式典の一環としてお呼びいただくようになったのは2010年のこと。今年でなんと、9回目の公演となります。初めて訪れた際、改装前の姫路城を観光したのがまるで昨日のことのように思い出されます。入江病院スタッフの皆様が2010年からの公演写真を一年ずつ大判のポスターに仕立ててくださり、会場に掲示してくださいました。9年と一口に言いますが、これだけ続いてきたのだとはっきり形にしてくださったことで、わたしたちも感無量でした。
さて、「きみのいのち ぼくの時間」は先週初演を迎えたばかりの生まれたての作品です。一部キャストを変えての上演でした。入江病院の職員の皆様、入院患者様、近隣の方々、111名とたくさんのお客様がご来場くださいました。
この作品は、「いのち」と「死」という、とても重いテーマを扱っています。初演の際に手ごたえは感じていましたが、入江病院の皆様にどう受け止めていただけるか、終演まで気が抜けませんでした。幸い、ラストに希望のある、あたたかな思いの残る作品だったと大変良いご感想をいただくことができ、ほっと胸を撫でおろしました。
入江病院の記念式典では、記念写真の撮影にキャトル・リーフも入れていただいていますが、毎年お邪魔するごとに病院スタッフの人数が増え、前進していらっしゃる様子が伝わってきます。わたしたちも一年ごとに成長している姿をお見せできるように、これからも精進してまいります。
さて、ここでいったん「きみのいのち ぼくの時間」はお休みとなり、7月1日に成育医療研究センターで「桃四郎の鬼退治」を上演するためのお稽古がはじまります。新しいメンバーも増えてきています。変わるもの、変わらないもの、両方を大切にしながら公演を続けてまいります。

 

 

向日葵クリニック併設メディカルホームKuKuRuさまの公演ご報告

  • 2018.06.06 Wednesday
  • 09:31

【公演報告】2018年5月26日、千葉県八千代市の向日葵クリニック併設メディカルホームKuKuRuにて「きみのいのち ぼくの時間」を上演いたしました。

今回初演を迎えた「きみのいのち ぼくの時間」。この作品はキャトル・リーフオリジナル「いのちのミュージカル」の第一弾となります。「いのち」や「死」について表現することはずっとわたしたちの大きな課題であり、どのような伝え方をするべきか議論を重ねてきました。そして素案の完成から2年以上の歳月をかけて制作を進めてきました。
初演の会場となったのは、キャトル・リーフ理事長の中村明澄が設立、院長を務め、同じく理事長の堤円香が施設長をつとめる施設です。ご入居者様、訪問診療の患者様をはじめ、患者様のご家族もたくさんご来場くださいました。ご家族を亡くされたばかりの方、ご家族が闘病中の方、あるいは現在ご自身が闘病中の方など、あまりにもテーマに近い立場の方々が多く、どう受け取ってくださるか不安もありながらの開演でした。
開始早々、明るく楽しいダンスや歌のシーンでお客様の笑い声を聞くことができてまずは一安心。結婚式のシーンでは客席からも祝福の拍手が送られました。そして後半では、お客様が登場人物の気持ちに寄り添い、セリフひとつひとつを大切に聴いてくださっているのがわかりました。終演後、お客様が「ハエさんのセリフが良かった」「ツバメさんがね」と、役の名前を親しげに口にされるのを聞いて、登場人物がお客様の心の中で生きているのだな、と、とても嬉しく感じました。
音楽、映像、衣装、ダンスなど、最後の最後まで細かな調整を重ねながらの初演でしたが、お客様の温かな視線に支えられて、無事に上演できたことに本当に感謝しています。
今年度もおかげさまでたくさんの公演のご依頼をいただいています。もっともっとたくさんのお客様に「きみのいのち ぼくの時間」のテーマをお伝えできるよう、さらに良い舞台を目指して精進して参ります。

 

パイオニア株式会社さま主催の「身体で聴こう音楽会」の公演ご報告

  • 2018.03.27 Tuesday
  • 12:08

2018年3月24日、川崎市麻生市民会館にて、パイオニア株式会社主催の「身体で聴こう音楽会」に出演。「ほほえみのかけ橋」を上演しました。
この音楽会は、パイオニア株式会社が開発した体感音響システムを使い、聴覚に障害のある方に音楽を楽しんでいただくための活動。キャトル・リーフは2004年以来、ほぼ毎年出演させていただいています。今回も、社内ボランティアの方々に加え、川崎市の就労体験の方々が設営に協力してくださいました。

パイオニア公演では、聴覚障害のある方にむけ、台詞字幕を投影します。できるだけ見やすく表示できるよう、パイオニアスタッフの皆様と協力して、プロジェクタの設置方法や映像データの作り方に工夫をこらしました。
字幕の言葉ひとつとっても、言葉通りの方がいいのか、意味を取った方がわかりやすいのか、慎重に選定し、実際の演技とあわせながらギリギリまで修正を重ねました。

今回の公演はキャトル・リーフの2017年度最後の公演です。東京医療センター公演の直後でお稽古期間が短い中、集中して舞台に取り組みました。初舞台の者も、仲間とともにのびのびと演じることができました。

また、第2部では、テーマソング「ほほえみのちから」を会場の皆様と合唱。慣れない司会でしたが、会場の皆様の温かい笑顔に支えられ、楽しい充実した時間となりました。

終演後には手話で「よかったよ」「ありがとう」と声をかけていただきました。パイオニアのボランティアの皆様との交流も嬉しく、心に残る公演となりました。

 

東京医療センターさまの公演のアンケート抜粋

  • 2018.03.27 Tuesday
  • 12:03

東京医療センター公演の写真とアンケート抜粋をホームページに掲載しました。以下はいただいたアンケートの一部です。

■今日から入院でしたが、不安な気持ちがありました。みなさんの笑顔で心があたたまりました。さる吉かわいかったです。やさしい気持ちになりました。(27歳女性)

■きのう初めてみてとても感動しました。今日も又、来てしまいました。すごくよかったです。歌に元気づけられました。明日退院します。すてきな退院祝いを頂いた気分です。元気に生きていこうと希望をもちました。皆さまのご活躍をお祈りしております。(68歳女性)

■3年前、家族が入院中に公演を見させて頂きました。素晴らしい演技、美しい唄声にとても感動しました。近所での公演に足をはこびたかったのですが、なかなか時間が合わず、今日、やっと来る事ができ嬉しく思います。 公演終り。楽しく、笑いあり涙あり、とても感動しました。ありがとうございました。(53歳女性)

もっと見るには、ぜひホームページをご覧ください!

http://quatre.info/history/detail.cgi?k=20180310

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM