キャトル・リーフは、病院や特別支援学校・高齢者福祉施設などでミュージカルを上演しているNPO法人です。

キャトルのホームページ キャトルのブログ quatreleafをフォローしましょう
0

    こんにちは、ひとみです。
    この年度末で家族みんな何かしら環境が変わるので、気ぜわしくしてると
    いつの間にか、3月末・・・

    さて、18,19日に東京医療センターでパベルが上演されました。
    パベルといえば9年前に作られたキャトルリーフオリジナルのミュージカル。
    このとき私は都内の病院に勤務しており、初めて自分の病院でも上演できるという夢のかなった時でした。
    自分の担当患者さんも見に来てくれ、土日両日見てくれた患者さんもいました。
    この時の患者さんの笑顔や言葉は、今も私が医師としてがんばる原動力になっています。
    このミュージカルは「ありがとう」がテーマ。
    医師として患者さんを治療して、よくなると、「ありがとうございました」と言われることはありますが、この活動を通しての「ありがとう」という笑顔をもらった時とは(両方嬉しいのですが)、ちょっと違う嬉しさのような気がします。何が違うのかなと自分でも考えて見ますが、まだはっきりした答えはありません。医者という立場から少し離れた関係性で患者さんと関われ、患者さんを癒すことができているのかな、そうだといいなと考えたりもします。
    それが診察室でも患者さんにキャトルみたいな癒しを与えることができれば、一流なのかなと考えることもあります。


    この18,19日は東京医療センターでこのパベルが上演されました。
    年月を経てパワーアップしたパベルを2日間で249名とたくさんのお客様が見に来てくださり、たくさんの笑顔と言葉をまた頂くことができました。
    9年経って、響く「ありがとう」のテーマソング。
    この活動を支えているみんなに、見に来てくださるみんなに、日々練習して素敵なミュージカルを病院で見せてくれるキャトルのみんなに「ありがとう」

    **************
    ひとみ
    キャトル歴は11年目!?
    今は広島で医師をしていて、なかなか以前のように参加は難しいですが、キャトルへの思いは変わりません。
    **************


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック