キャトル・リーフは、病院や特別支援学校・高齢者福祉施設などでミュージカルを上演しているNPO法人です。

キャトルのホームページ キャトルのブログ quatreleafをフォローしましょう
0

    私がキャトルと出会ったのは3年前。
    NTMCで、6年も働いていたのにキャトルリーフのミュージカル観たことも、ましてやお芝居に参加するなんて思ってもいませんでした。キャトルの皆様ごめんなさい。

    私の性格は人見知り。とにかく新しいことに挑戦したり、新しい場所に行く事はとっても苦手で、打ち解けるまでに本当に時間がかかるんです。

    たまたま、前年に職場の同僚がキャトルのミュージカルに参加していて、今年一緒にやらない?と誘ってもらったのがきっかけでした。そーいえば、私高校の時演劇部だったんですよー!ってなんとなく言ったのを覚えててくれたんです。感謝感謝。

    初参加の日、緊張しすぎて覚えてません。それから、打ち解けるまでに3ヶ月くらいかかったんではないでしょうか、、
    キャトルの皆さま曰く、とにかく笑わない子。楽しくないのかな?と思われていた様です。

    自分に出来ることはとりあえずお稽古にいっぱい参加して、皆さんの足を引っ張らないようにすることだと思い、踊り込んで、歌い込みました。NTMCのメンバーやキャトルの皆さんと平日自主練なんかして、文化祭の時のようなわくわく感で、本番を迎えました。

    『ほほえみの架け橋』

    私が最初に参加した作品です。
    幼い頃のピアノの発表会、高校の演劇公演、学会発表、、今までずーーーっと緊張して、頭が真っ白になってばかりだったのに、不思議とこの公演の時は緊張しませんでした。半年も練習をしたら、人は緊張を超えて楽しみに変わるんだと思いました。

    最後の公演を迎えた時、フィナーレで号泣していました。今まで感じたことのない達成感を感じ、患者さんの喜んでいる顔や感動して涙を流されている方。そんな方達を見るだけで、また涙が溢れそうでした。そして、その後私は抜け殻となりました。
    その時、メンバーになろうか迷っていたけど、抜け殻状態の私は、毎回こんな感じのいい意味での脱力感を感じてしまうなら体がもたないと、、メンバーになることをやめました。

    それから3ヶ月、何をしてる時もどこからか聞こえてくるんです、、へだたーりーをー♩
    『ほほえみの架け橋』のエンディングが!!

    次の年も機会を逃し、ついに今年、『パベルと魔法の土笛』の公演を機にメンバーになることができました!!

    キャトルは私の人見知りを治してくれただけでなく、今まで、出会った事のない人たちとの出会いや充実した休日を送れます!何よりも、公演を見てくださった方の笑顔!最高です!

    まさに今の私は、やみつきキャベツ、、じゃなくてやみつきキャトルです!

    ***************
    新人
    まる
    NTMCで診療放射線技師してます
    ***************


    コメント
    『ほほえみの架け橋』のNTMC公演にご一緒でき光栄でした。またお稽古の時 足手まといになりそうな山頭領を助けていただき有難うございます。
    たけるのことを耳打ちしていただき 山頭領としての肚も決まりました。あのシーンはわたしの一生思い出、宝物です。
    今年の『パベルと魔法の土笛』の公演 素敵でした。
    私はお客として観劇しましたが 仲間の出演はすごく嬉しかったです。
    健康がすべてに勝ります。これからもご健康に留意されキャトルメンバーとしてもお仕事にも頑張って下さい。
                          けん
    • けん
    • 2017/05/11 9:15 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック