キャトル・リーフは、病院や特別支援学校・高齢者福祉施設などでミュージカルを上演しているNPO法人です。

キャトルのホームページ キャトルのブログ quatreleafをフォローしましょう
0

    2017年5月21日、葛飾区の有料老人ホーム、ボンセジュール四つ木にて「パベルと魔法の土笛」を上演いたしました。
    こちらに訪れるのは昨年に続き2回目。メンバーの親御さんがご入居されているご縁でご紹介いただきました。施設職員の皆様が、今回も楽しみに待っています!と、とても温かく迎えてくださいました。
    今回の公演は、4月から開始したお稽古の集大成。初めて出演するメンバー、新しい役に挑戦するメンバー、同じ役を更に深めるメンバー、それぞれ自分の課題に取り組んできました。
    前日の通し稽古では、まだ不安な部分があったのですが、集中してお稽古に励み、いよいよ迎えた本番。
    ご入居者様のお邪魔にならないように、仕込みのときにはスタッフが少人数で作業を行いました。カーテンを掛け替えたり、機材を組み立てたりと、八面六臂の大活躍。その間、キャストは控え室で密度の濃いリハーサルを行ないました。
    そしていよいよメイクと衣装を着け、照明を浴びると、お客様の視線に助けられ、心を一つにして舞台をつとめることができました。
    ご来場されたご入居者の皆様も、本編の間中、集中してご覧くださいました。もちろん入居されているメンバーの親御さんもとても喜んでくださり、全員に握手をして感激を伝えてくださいました。
    来週、再来週と、キャストを一部入れ換えながら公演が続きます。より良い舞台をお届けできるよう、引き続き取り組んでまいります。

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック