キャトル・リーフは、病院や特別支援学校・高齢者福祉施設などでミュージカルを上演しているNPO法人です。

キャトルのホームページ キャトルのブログ quatreleafをフォローしましょう
0

    2018年6月2日、兵庫県姫路市の医療法人松藤会入江病院にて「きみのいのち ぼくの時間」を上演いたしました。
    入江病院の創立記念式典の一環としてお呼びいただくようになったのは2010年のこと。今年でなんと、9回目の公演となります。初めて訪れた際、改装前の姫路城を観光したのがまるで昨日のことのように思い出されます。入江病院スタッフの皆様が2010年からの公演写真を一年ずつ大判のポスターに仕立ててくださり、会場に掲示してくださいました。9年と一口に言いますが、これだけ続いてきたのだとはっきり形にしてくださったことで、わたしたちも感無量でした。
    さて、「きみのいのち ぼくの時間」は先週初演を迎えたばかりの生まれたての作品です。一部キャストを変えての上演でした。入江病院の職員の皆様、入院患者様、近隣の方々、111名とたくさんのお客様がご来場くださいました。
    この作品は、「いのち」と「死」という、とても重いテーマを扱っています。初演の際に手ごたえは感じていましたが、入江病院の皆様にどう受け止めていただけるか、終演まで気が抜けませんでした。幸い、ラストに希望のある、あたたかな思いの残る作品だったと大変良いご感想をいただくことができ、ほっと胸を撫でおろしました。
    入江病院の記念式典では、記念写真の撮影にキャトル・リーフも入れていただいていますが、毎年お邪魔するごとに病院スタッフの人数が増え、前進していらっしゃる様子が伝わってきます。わたしたちも一年ごとに成長している姿をお見せできるように、これからも精進してまいります。
    さて、ここでいったん「きみのいのち ぼくの時間」はお休みとなり、7月1日に成育医療研究センターで「桃四郎の鬼退治」を上演するためのお稽古がはじまります。新しいメンバーも増えてきています。変わるもの、変わらないもの、両方を大切にしながら公演を続けてまいります。

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック