祖父とツバメの過ごした時間

  • 2018.09.14 Friday
  • 09:07

 こんにちは、いなきちです。「きみのいのち ぼくの時間」の公演はこれから3クール目を迎えます。2クール目の公演ではツバメ役と女王蜂役をさせていただきました。この2クールの最後の3公演、いずみ学級、赤羽東口病院、かえで学級の公演では、それぞれカエル役が変わりました。皆さんとても魅力的で、三者三様のカエルくんとの素敵な時間を過ごさせていただきました。相手役が変わることで、湧き上がる気持ちが違ってくることがあります。また、周りの雰囲気によっても感じ方が変わったりします。その瞬間は、その役の新たな一面を発見したような気がして嬉しくなります。そして、そこからまた私の妄想が広がっていくのです。

 さて、以前ブログで「私の役作りは妄想から」というお話をさせていただきました。ツバメの役作りも様々な妄想をしました。今回はその一部をご紹介したいと思います。
 小さい頃、私にとってツバメはとても身近な存在でした。玄関土間にツバメの巣があり、毎年春になると玄関の扉を開けてツバメを迎え入れていました。祖父が「今年もやってきたなあ」と嬉しそうに眺めていたことを覚えています。ある時、雛が生まれ、賑やかな雛の巣を襲おうと蛇が玄関に入ってきたことがありました。キャーッと子供たちが叫ぶ中、普段とても物静かな祖父が機敏に箒を持って立ち向かい、蛇から雛を守ってくれたのです。今思うと、あのツバメにとって祖父は、優しく見守り、いざというときに助けてくれる、とても心強い信頼できる存在だったことでしょう。きみぼくのツバメとカメのシーンでは、優しくて勇敢な祖父のもとへ毎年戻ってきたツバメの気持ちを妄想しながら演じています。そんな妄想をしながら、ふと、祖父と過ごした時間や祖父の思いは自分の中に生き続けているのだと感じ、ツバメの最後のセリフに繋がってきました。
 今回のきみぼくの作品を通じて、自分がこれまで一緒に過ごしてきた人たちの知恵や言葉、過ごした時間を思い出すたびに、その人達が自分の中に残してくれたものが確固たるものとなり、自分を作り上げてくれているのだと感じるようになりました。そんな大切な人たちの思いを次の世代に繋げていけたらいいなと願いつつ、今の仲間との時間も大切に過ごしていきたいと思っています。

***********************
いなきち:19期生
薬剤師です。
昨年、東京医療センターから成育医療研究センターへ
異動となりました。
成育での公演も是非観にいらっしゃってください!
***********************

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM