いのちについて

  • 2018.09.21 Friday
  • 00:48

お疲れ様です!ハリーです。

 

今、公演中の「きみのいのち ぼくの時間」はいのちのミュージカルで、いのちについて深く考えさせられる作品です!

今回は自分なりにいのちについて考えたことを書いてみようと思います!

 

僕は今、防衛医大の5年生で、平日は病院実習をしています。

病院実習といっても学生は医療行為ができないため、ほぼ見学なのですが、そんな中でもいのちについて

実感させられる瞬間があります。

いのちの終わりと始まりです。

 

大学病院には治療の難しい患者さんがいらっしゃいます。

これ以上治療効果が見込めない患者さんや、不穏な状態でいつ容態が急変するか分からない患者さんなど。

病棟内でもいのちの終わりを目の当たりにしました。

突然やってくる死に対して患者さん本人やご家族の方がそう簡単に納得できる訳もなく、医療従事者としては

とてももどかしい思いがするのですが、中には感謝してくださる方もいらっしゃいました。

死を受け止めきれはしないと思うのですが、それでも「治療してくださってありがとうございました。」と

言ってくださる患者さんやご家族の方には敬服の他ありませんでした。

 

自分が死にゆく立場であったときに周囲に感謝できるだろうか、自分の人生に悟りを開けるだろうか…。

 

また、いのちの終わりだけではなくいのちの始まりも目の当たりにしました。

妊娠・分娩は母親も産まれてくる赤ちゃんも命がけです。

妊娠には様々なリスクや合併症があり、無事に出産できることは当たり前ではなく、母親も医療従事者も

万全の準備をして出産に臨みます。

出産が無事に終わると、僕は慶びの気持ちを抱くとともに、無事に産まれてきた赤ちゃんに思いを馳せていました。

 

生まれてきたこの子はこれからどのように感じ、考え、生きていくのだろうか…。

 

人は皆、感じ方や考え方が驚くほど異なっていて、しばしばその違いから争いが起こりますが、

その各々の価値観がひとりの人間の人生を紡ぐ偉大なものであると思いました。

家族や友達など親しい者のみでなく文化の全く異なる外国人や目を背けたくなるくらい嫌いな人の価値観も、

尊重されるべきものなのだと。

お互いの価値観を認め合い、ひとりひとりが人生というストーリーを紡ぎ、皆が自分の人生を誇れるように

いのちを全うできればいいな、と思いました。

 

よくよく考えると、桃四郎のテーマソングの「心に咲く花」に自分の考えが繋がってしまい、

改めてキャトルの作品はやはり素晴らしいな!と思った今日この頃です!

 

  

***********************

ハリー 46期生

最近、キャトルのメンバーと初納涼船行ってきました!

企画してくれたゆみこさん、3時間以上並んで

列の先頭を死守してくださったなべさん、

ありがとうございました!!!

***********************

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM