キャトルとの出会い

  • 2019.07.31 Wednesday
  • 23:25

 

みなさま、こんにちは!

初めてブログを担当させて頂きます、まあやです。

 

今、地元富山に帰省しているので、キャトルとの出会いについて振り返ってみようと思います!

私がキャトルについて初めて知ったのは、筑波大学附属病院の中に貼ってあったポスターです。

病院でミュージカルを上演している団体があるんだ!と知り、早速ホームページを調べてみました。

 

「笑顔と笑顔の架け橋になりたい」「自分の好きなことが、誰かの役に立つ」 このような言葉に

惹きつけられ、もともとミュージカルが好きだった私は 「絶対この団体に入りたい!」と強く思うようになりました。

でもこの時私はまだ高校2年生。 大学生になって関東の大学に行けば、キャトルができると思い必死に勉強しました。

医学部を志望していたこともあり、一年浪人しましたが、無事関東にある医大に合格しました!

(栃木にあるので、毎回のお稽古場までは遠いですが...)

 

そして、ついにキャトルの公演を初めて見に行くことになりました! 見学会があることを公演当日に知り、

見学申し込みもせずに「見学させて頂いてもいいですか?」 と入っていきました。今考えるとすごい勇気。

でもキャトルの方々は「いいですよ!」と優しく接して頂き、本当に嬉しかったです。

ンバーの方が声をかけて頂き、「富山出身で4月から栃木に住みます」と言うと、

「僕愛媛から来てるんだよね」という方がいらっしゃいました!

栃木でも遠いと感じていた私にとって、 かなり衝撃的で今でも印象に残っています。

 

そして、公演後、2年以上も思い描いていた夢が実現し、キャトルのメンバーになることができました!!

一言どうぞ!ということになり、「富山でYouTubeの動画を見て、テーマソングを知っていたので、

フィナーレでとても感動して涙が出ました」と言うと、みなさん驚いていらっしゃいました!

私も逆の立場だったら、とてもびっくりすると思いますし、嬉しかっただろうと思います。

会場を出る際には、みなさんにアーチを作って頂き、その中を通ったことが今でも忘れられない思い出です。

 

そして昨年から本公演にも出演させて頂き、キャトル参加を決めたNTMC公演、そしてその時上演していた

「桃四郎の鬼退治」にも出演することができました!!思い出の公演に出演できた喜びと、

キャトルのメンバーとして一緒に参加できた嬉しさで胸がいっぱいになりました。

 

今は「ミシン・ガール」という作品のお稽古に参加しています。演出家によると、私が演じるタエコは、

「正義感の強い、地方で美味しいものをたくさん食べてすくすく育ったいい子」ということなので、

地元での生活を思い出しながら、精一杯演じたいと思います!

 

最後に、私の大学は特殊で、卒業後は地元に帰らなければなりません。

大学卒業後はキャトルを続けられるかわかりません。

だからこそ、学生の間はできる限りキャトルに参加したいと思っています。

 

そして、キャトルの仲間と共に、素敵なミュージカルを一人でも多くの人に届けられたらいいなと思っています!

 

********************

まあや 55期

大学2年生 夢は歌って踊れるドクターになること!

栃木からはるばる参加しています。

********************

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM