パイオニア株式会社さま主催の「身体で聴こう音楽会」公演ご報告

  • 2020.02.07 Friday
  • 21:58

【公演報告】2020年1月25日、川崎市麻生市民会館にて、パイオニア株式会社主催の「身体で聴こう音楽会」に出演。「ミシン・ガール」を上演させていただきました。
「身体で聴こう音楽会」は、「より多くの人と、感動を」の企業理念のもと、パイオニア株式会社が自社で開発した体感音響システムを用い、聴覚障害のある方を対象に続けている音楽イベントです。なんと今回で252回目の開催。キャトル・リーフは2004年以来、ほぼ毎年参加させていただいており、今年で15回目となります。
「ミシン・ガール」は、2009年の初演時にこの音楽会で上演させていただいており、10年ぶりの再演となります。パイオニア社内ボランティアの方の中には、その当時の公演を覚えている方もいらっしゃり、「演出を変えて、お話が明るい印象になりましたね」というお言葉も頂戴しました。
今回も聴覚障害のある方のためにセリフ字幕を投影しましたが、本番直前のプロジェクター調整が奏功し、字幕入りの映像をこれまでより大きく映し出すことができました。
この「ミシン・ガール」はお話が少し込み入っているため、文字数をあえて切り詰めず、字幕を少し長く出すことで物語をより伝えられるよう、事前に複数人で綿密な調整をしました。今回もたくさんのお客様が真剣に見入ってくださり、大きな達成感を感じました。
今回も第二部ではテーマソング「仲間になりたい」を手話を交えて会場の皆様と歌いました。キャトル・リーフのオリジナルソングを観客の方々が一緒に歌ってくださるのは、本当に嬉しいことです。
パイオニア株式会社ホームページのレポートに以下の通り掲載されていますのでご覧ください。
https://jpn.pioneer/ja/corp/sustainability/karadadekikou/archives/report/2020.php

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM