日野原先生と打ち合わせ!

  • 2010.12.15 Wednesday
  • 18:17
日野原先生と打ち合わせに行ってきました。
この日も、先生はとってもニコニコ顔!

これからはもっと頻繁に、先生とメールでやり取りをする必要が
でてきました!

12月13日(月)に行ったのですが、平日の午前中の
聖路加病院の院内は、たくさんの人で埋め尽くされていました。
いつもの静かな2Fのトイスラーホールの前には
「そっかー、平日は病院なんだなぁ」と改めて。

向かいの聖路加タワーには、美しいクリスマスツリーが。

激しく冷たい雨が降ってきて、聖路加タワーの中のコンビニで
ビニール傘を購入する事になりました。

 「すぐ使いたいので…」
 「はい、そのようにさせていただきます」
 
コンビニのレジのおばさまの、美しい言葉遣いにハッとさせられ
とても温かい気持ちになりました。


20101213聖路加MTG 011 (2).jpg
20101213聖路加MTG 014 (2).jpg

中間合宿

  • 2010.11.29 Monday
  • 23:38
11月26日(金)〜27日(土)にかけて
ETIC主催の中間合宿が、霞ヶ浦にある花王研修所で行われました。

2日間みっちりの濃密な時間。

今までやったことが、スピード感、アクション量ともに
期待されているレベルに達しておらず
刺激的なコメントをたくさんいただいてしまいました。

今回、いろいろな数字をベースに
ターゲットの年齢、性別、他の介護者の有無、仕事の有無などを
切り口に、できる限りのブルーオーシャンを探しました。

そして、これからの方針にきめた
 ・アセスメント
 ・シニアシッター
の実現に、とにかく裏付けと自信がつきました。


数日前の第2回VBMに話した事と
結論はほとんど変わらなかったのですが
そこに至るまでのプロセスについて、深堀できたので
「これでスピードアップしてやっていく!」という
決意がより固まった、そんな感じです。


今回の中間合宿は、中村一人で参加。
2日前まで、牡蠣フライにあたったのか
下痢と40.9℃の発熱があったにもかかわらず
なんとか、介護の分野の事業化をしたくて、奮い立たせて
頑張って参加しました。

本当は、堤も参加の予定だったのですが
こちらも体調不良。妊婦ということもあり、
中村一人に心細い気持ちにさせることは非常に不本意だったのですが
急遽不参加に。


その夜、中村からSOS信号が送られ
その信号をキャッチしたメンバーの地曳は
仕事が終わってから、夜中に研修所に駆けつけました。


思いが同じ人と同じ船に乗って外海に出ていくための
地図作りができた、貴重な中間合宿でした。

本当にありがとうございました!

埼玉・千葉での高齢者施設での公演無事終了

  • 2010.11.29 Monday
  • 22:41
11月27日(土)に、埼玉の南与野にある特養「きりしき」での
公演を無事に終えました。

ひろい食堂に、高さ30センチの舞台(お手製)を出していただき
テーブルを片づけて、劇場に早変わり。

ユニットの利用者の方も、従来型の利用者の方も
またそのご家族の方もふくめて、100名以上の方にみていただくことが
できました。

お料理上手の施設長からは、おにぎりと唐揚げ、
そしてお菓子の差し入れもいただきました。

ありがとうございました、ごちそうさまでした!!!



そして、次の日は、新浦安のグッドタイムリビングでの公演。
ブリティッシュガーデンのような中庭を望むガラス張りの控室は、
まるで温室のような温かさ。
並べたドーランが、溶けてしまったほどでした(笑)

そのあといただいたお食事は、ゲスト(利用者)のみなさんと同じもの。
骨が全部とってあるお魚には、きれいな大葉と大根おろしが
瀬戸物の食器に並べられていました。
お味噌汁のおだしも、本当においしくて、あっという間にたいらげました。


公演では、実は、最後のシーンの大事なたくさんのセリフを
20行ほどすっ飛ばした弁財天役。
でも、それを、何事もなかったように
大黒天、毘沙門天、ひるこ役のみんなが連携して
フォローしてくれました。

ゲストのみなさんからも、「本当に良かった」というお声を頂き
また、普段なら1時間座っていられない方も
落ち着いた笑顔で、出ていらっしゃいました。

また次回もがんばろう!という気持ちと
キャトルの活動の意義、そして
メンバーの力強さと、有難さを、ひしと感じた弁財天でした。

by弁財天

ふれあい公演 114.JPG

お稽古はこんな感じで

  • 2010.11.08 Monday
  • 08:17
秋晴れの中、キャトルはインドア派?(笑)
土日のお稽古を終えました。

日曜日の参加人数は13名と少なめ。
みんな、当直があったり、ちょうど文化祭シーズンもあったりと
早退、遅刻はあったものの、しっかりお稽古しました。


昨日のスケジュールはこんな感じでした。

10:30−10:50 ストレッチ(メンバーの中から)
10:50−11:10 発声・歌(担当は大抵、円香)
11:10−11:20 お芝居の基礎練習(担当は、たいてい演出のぷー)

11:20−12:40 止め通し(上手はけ:千葉公演バージョン)
12:40−13:05 ダメだし
13:05−13:35 ランチ
13:35−14:40 通し(下手はけ:埼玉公演バージョン)
14:40−14:50 休憩
14:50−15:20 ダメだし
15:20−16:00 確認


止め通し というのは、お芝居を頭からやっていたのですが
コメントしながら、すこし直しながら・・という進め方。


基礎練習では、
 ?緊張、弛緩(体に力を入れて、即座に緩める、と言った繰り返し)
 ?同じ言葉を、与えられた感情で言う

を実施。

?の「緊張・弛緩」は、自分の体をコントロールして、
動きを素早く止めることができるようになったり
反応が早くできるようにするもの。
Yちゃんは、緊張のポージングがすばらしくて、
今日は家を出てから電車に乗るまでの4パターンを
表情つきでポーズしてくれました!


今回も、Wcastで組んでいるので、役代わりをしながら
お休みの人の代役もやりつつ、でした。

音響で参加してくれているA君が、久しぶりに一葉で経験しかけた
幻の大黒天役をやってくれたり、
明澄さんは、定吉、善太郎、お初の3役+代役のひるこをやったりと
短い時間で、役を素早くいれかえて、お芝居していました。
さすが!


楽しいお稽古はあっという間に終わり!
また来週です!


by円香
IMG_0655.JPG

デイサービスふれあい公演終了

  • 2010.11.02 Tuesday
  • 09:57
11月に入りました、早いですねっ!

10月31日のふれあいの公演は、とても客席のノリがよくて
私たちもとても楽しめた公演でした。

今回の「空まで届け」の中に出てくる
老人役のセリフで、

  ぼろぼろの服を着ていると、その人への扱いで
  人の心の裏表がよくわかるものだ

と、店の主人に言って聞かせるシーンがあります。

---
老人 「そういう時こそ、その店がうまくいっているのか
    いないのか、わかるものなのさ」

客席 「そうだっ!」(歌舞伎の「よっ!成駒屋!」風に)
---

舞台上の私も、思わずにやけそうになったシーンでした。


思い起こせば、前作の「ミシン・ガール」をこの会場で上演した時にも
「りんちゃん、がんばれ!」と掛け声を頂きました。

その時も、男性の方の声。
客席にもちゃんとお話伝わっているな、と実感した
エピソードでした。


当日は、「台風・関東上陸!」 を心配しておりましたが
なんとかお天気ももち、
バザーや屋台などが立ち並ぶ、楽しい1日になりました。

私も、ジャガイモ1袋(100円)、みかん1袋(100円)、新米2kg(500円)
ランチョンマット(350円)などなど
たくさん購入です!

公演の後も、秋らしい1日を過ごせた、楽しい日でした。

デイサービスふれあい(つくば市春日)の皆様、
本当にありがとうございました。

by 円香
ふれあい公演 012.JPG


ふれあい公演 013.JPG

日野原先生と対談

  • 2010.10.19 Tuesday
  • 18:30
昨日、聖路加国際病院の日野原重明先生と、対談が実現しました。
30分のお約束時間を、ずいぶん超えて、45分近くも
大笑いしながらの、ニコニコ会談!

10月4日が99歳のお誕生日ということで
お伺いした時に、ちょっと遅いけれど・・といって
花束をお持ちしました。

そこに入っていた「かえで」に、先生は「こういうのは初めて」と
おいうお言葉を。
フレディを意識して(ということにしておきたい)カエデの葉っぱ。

フレディの話になって、
先生が最初にお書きなった音楽劇の話やそのLOVE-LOVE秘話、
そして、
NHKで1年間密着の取材の話、
さらには、キャトルへの応援メッセージを。

和気あいあいの、楽しい楽しい会談でした!

さぁー、また動きだすぞ、キャトル!

by円香


03.jpg 07.jpg
10.jpg 1136.jpg

ETIC 第1回VBM

  • 2010.10.01 Friday
  • 12:35
昨日雨の中、第1回VBM(バーチャル ボード ミーティング)が行われました。

資料作成は、昨日の深夜までにおよび
明澄はへとへと。

タイトな時間の中で、なんとか調べた、シニアシッターのニーズ。


有名な介護者サポートのNPO法人アラジンの方との話も、
突撃インタビューにいった、医療福祉ジャーナリストの、おちとよこさんの話も、
電話でインタビューさせてもらった、遠距離介護のスペシャリスト太田差惠子さん
の話も盛り込んだ。

市役所の方や、知り合いのケアマネさんの話も。

「シニアシッターのようなサービスはあったらいい。
 ぜひやってほしい。介護サービスはいくらあっても足りない」

みんな言ってくれた。


でも、実際に私たちが描く「花王太郎さん」にリーチできない・・
一人もそういう人に出会えていない。。
PR不足?リサーチ不足?
本当にこのサービスでいいのか、確信が持てない・・
でもでも、これでやるって、もう言っちゃった・・


そんなもやもやの中、望んだVBM。
ボードメンバーのETICの仙人の一言。


もう一度、自分のやりたいことを考えて
具体的な言葉にして見てほしい。
シニアシッターありきではなく、現場の生の姿をみられる
恵まれた立場にいるのだから。
あなたにはやりたい姿が見えているとおもうよ。




このミーティングで、次の一歩が見えてきた。

明澄のやりたいこと、夢、空想、妄想。
とにかく「私の理想の形」を、くっきりさせよう!


社会起業家というのは、利益を出すビジネスをつくるための場所ではなくて
なにかおかしいよね、かえるべきだよね、
と誰もが思っていることでも、普通ならあきらめちゃうことを
あえて立ち上がって「かえてやる!」という思いで動きだす
ひとのことなのだと、ETICの佐々木氏。

社会起業家の意味がよくわかった日でもあった。

皆に感謝。感謝。

by 円香

筑波大附属病院 公演終了

  • 2010.09.26 Sunday
  • 21:00
筑波大学附属病院の公演が、2日間無事に終わりました。

事故も怪我もなく、看護部、事務の方がたの本当に多大なるご協力のおかげで、
今年は今まで8回の公演の中で、最も多い259名の患者さま・お客様に
お越しいただけました。

元気になって車いすを忘れて歩いて帰ってしまった方も。

嬉しい嬉しいエピソードです。


筑波大の公演は、リハビリ室という、狭い場所ではあるものの
逆にお客様との距離が近く、非常に温かい公演です。
お見送りも、キャストが花道を作り、お客様をお送りするのですが
握手したり、お話ししたりと、いつもながら大渋滞!(笑)

私たちも、病院などで公演するという、キャトルの活動の意味を
反芻できる素晴らしい公演でした。

本当にありがとうございました。

by円香

IMG_1678a.JPG

ブログができました〜

  • 2010.09.09 Thursday
  • 00:45
キャトル・リーフのブログができました。
どうぞよろしくお願いいたします。

quatre_logo.gif


※ここより過去の記事は、HPの(旧)お知らせカテゴリから以降したものになります

ラジオ初出演

  • 2009.08.15 Saturday
  • 12:00
TBSラジオ「堀尾正明の+プラス」で活動が取り上げられました。

バックナンバーに写真つきで紹介されています!


http://www.tbs.co.jp/radio/horio/human/20090815.html


ご覧ください!

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM